晩秋の朝日連峰~その2

晩秋の朝日連峰~その2

331_convert_20141020210837.jpg

大朝日岳山頂からの眺望


2014.10.11(土)~12(日)
<二日目>
竜門小屋‥竜門山…西朝日岳‥中ノ岳‥大朝日岳‥古寺山…古寺鉱泉

二日目の早朝4時起床
前回泊まった時は少々寒かったこともあり、今回は防寒対策万全
それと宿泊者が多かったこともあって、寒くなることもなく快適に眠れました

ご来光を小屋で見てから出発することも考えたのですが
稜線から大朝日岳などのモルゲンロードを見たいがため、日の出前に出発することとしました
朝日の各山小屋はこの三連休で小屋締め、来年の再訪を誓い小屋番のEnさんにご挨拶します

137_convert_20141020211336.jpg
上空は雲一つない青空、そして雲海に浮かぶ月山のシルエットを眺めて出発(5:15)

140_convert_20141020213420.jpg
竜門山への登り、振り返ると竜門小屋、寒江山そして以東岳への稜線

152_convert_20141020214048.jpg
竜門山の一角の眺めの良い場所でご来光を待ちます
雲海に浮かぶは蔵王連峰

150_convert_20141020215324.jpg
月山、鳥海山がもの凄く近くに浮かんで見えます

159_convert_20141020214805.jpg
ご来光です~体にエネルギーが充填されてくる感覚

173_convert_20141020220612.jpg
飯豊連峰の目覚め

174_convert_20141020220631.jpg
西方向には新潟県の山々が浮かぶ~鷲ケ巣山など

179_convert_20141020221242.jpg
鳥海山

180_convert_20141020221257.jpg
月山

182_convert_20141020221544.jpg
雲に浮かぶ葉山、手前には昨日登ってきたユーフン山

189_convert_20141020221802.jpg
主稜線~寒江山、以東岳

190_convert_20141020222041.jpg
主稜線~西朝日岳、大朝日岳

191_convert_20141020222248.jpg
西朝日岳

192_convert_20141020222306.jpg
大朝日岳、中ノ岳

197_convert_20141020222644.jpg
月山、鳥海山、そして手前には障子が岳と天狗角力取山などの支稜線

203_convert_20141020223435.jpg
素晴らしい朝日劇場を楽しんだ後、西朝日岳へ向け進みます

210_convert_20141020224309.jpg
振り返る度、感動する景色

211_convert_20141020224446.jpg
鷲ケ巣山の向こうは日本海です

215_convert_20141020225601.jpg
西朝日岳への主稜線を進みます

213_convert_20141020224947.jpg
奥のピークが西朝日岳

212_convert_20141020224923.jpg
大朝日岳(右)、中ノ岳(左)

223_convert_20141020230036.jpg
袖朝日岳への支稜線
朝日の付くピークは「大朝日岳、西朝日岳、小朝日岳、そして袖朝日岳」の4峰があります
袖朝日岳だけは登山道がありません、残雪期限定で登れるそうです

224_convert_20141020230052.jpg
西朝日岳山頂(7:05-29)
ここでしばし休憩、360度の大展望を楽しみます

お団子を戴きました、越後の山だんご「朝日ライナー」これを使わなきゃ
233_convert_20141020231451.jpg
このピークが大朝日岳です、左に中ノ岳そして小朝日岳

237_convert_20141020232428.jpg
以東岳まで続く主稜線

234_convert_20141020232632.jpg
南方角には飯豊連峰や吾妻連峰が雲に浮かんでいます

235_convert_20141020232816.jpg
飯豊連峰~左から飯豊本山、大日岳、北股岳までのズーム

227_convert_20141020232906.jpg
会津磐梯山

236_convert_20141020232840.jpg
祝瓶山

360度の大パノラマ
242_convert_20141020233613.jpg

244_convert_20141020233634.jpg

248_convert_20141020234346.jpg
中ノ岳との鞍部から西朝日岳を振り返る~西朝日岳の左にお月様も見えます

250_convert_20141020234837.jpg
谷あいの連なり、祝瓶山そして飯豊連峰

267_convert_20141021211954.jpg
中ノ岳を越えると~大朝日岳がドーンと

301_convert_20141021212516.jpg
大朝日岳避難小屋(9:15)

309_convert_20141021213220.jpg
大朝日岳山頂に着きました(9:44-)

0022_xlarge_convert_20141021215559.jpg
全員で記念撮影~私は4回目の登頂、今までで一番のお天気です

329_convert_20141021214925.jpg
360度の大展望~飯豊、吾妻、磐梯山、燧ケ岳、‥‥遠くまでクッキリ見えます

316_convert_20141021220543.jpg
飯豊連峰~石転沢雪渓もはっきり見えます
手前に祝瓶山

315_convert_20141021220412.jpg
吾妻連峰(左)と磐梯山(右)

320_convert_20141021221717.jpg
朝日鉱泉登山口へ続く中吊尾根、そして雲に浮かぶ蔵王連峰

318_convert_20141021220923.jpg
鷲ケ巣山、日本海そして佐渡も確認出来ます

319_convert_20141021214038.jpg
平岩山、祝瓶山、そして針生平登山口へ続く尾根

325_convert_20141021221304.jpg
小朝日岳そして古寺鉱泉登山口へ続く尾根

323_convert_20141021222210.jpg

327_convert_20141021222229.jpg
谷間を見下ろしても絶景

341_convert_20141021222736.jpg
朝日連峰北端の以東岳までの主稜線
ずーっと居ても飽きない絶景

350_convert_20141021224146.jpg
大朝日岳避難小屋を見学して、下山開始します

356_convert_20141021224527.jpg
大朝日岳を振り返り

359_convert_20141021224620.jpg
小朝日岳へ下ります

367_convert_20141021225320.jpg
銀玉水で水を補給、谷を覗くとこれまた綺麗

383_convert_20141021225617.jpg
小朝日岳でランチ予定でしたが、時間が遅れていたので、銀玉水から少し下ったところでランチにしました

DSC_0530+(426x640)_convert_20141021230931.jpg
小朝日岳の岩肌

DSC_0569+(426x640)_convert_20141021231228.jpg
紅葉の樹林帯を古寺鉱泉へ向かって下っていきます

414_convert_20141021231056.jpg
最後まで快晴の二日間

430_convert_20141021231815.jpg
無事下山(15:20)

楽しいメンバーに恵まれ、天候に恵まれ、晩秋の朝日連峰の山行を楽しんだ二日間
342+-_convert_20141021232851.jpg
皆さん、是非この絶景を見においでください
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索