大蔵山から風越山へ~雪山限定稜線散歩

大蔵山から風越山へ~雪山限定稜線散歩

DSC01650_convert_20150123231838.jpg
モンスターの中を進む

2015.1.21(水)、曇り/晴れ、3名
大蔵山(@864m)、三五郎山(@911m)、横山(@861m)、風越山(@806m)、五泉市

山友「わらさん」と、お天気の良さそうな平日に仕事を休んで雪山に行こうと約束をしていました

何処に登るかはお任せということで、提案したのは大蔵山から風越山への周回
メンバーには、山経験の少ない私たちの強い味方「いっちゃん」も参加決定
予報どおり、青空が広がる雪山日和です

ただ心配なことは、この時期なので深いラッセルを強いられ周回できないのでは?
ダメなら菅名岳への周回にするつもりで登り始めました

今回のコースは登山口と下山口が違うため、私の車を下山口の大蔵遺跡にデポし
大蔵・菅名登山口に向かいます

大蔵・菅名登山口P(8:23)‥大蔵山山頂(11:12)‥三五郎山(11:40-12:33、ランチ)‥横山(12:54)‥風越山(13:27)…大蔵遺跡下山(15:16)

登山口Pで、会の先輩方のグループとご一緒になります
今日の登山道は凍ってツルツルです、ちょっと登った所で私たちがアイゼンを履いている間に
先輩方はドンドン先に登って行き、大蔵山山頂に着いた時は、影も形も見えません‥ツワモノ先輩方でした(@_@)

0003_original_convert_20150124203140.jpg
冬はブナ林の中も陽が射して、雪面が輝き綺麗です
登山道はトレースがしっかりあり、ツボ足と軽アイゼンで登っていきます
新潟の雪山はピン付長靴が定番なのですが、今日はワカンでなくスノーシューのため登山靴にしました

0016_original_convert_20150124205102.jpg
途中から青空がなくなり、曇り空とともに風も強くなってきました
8合目付近から急登、雪も深くなってきてスノーシュー装着
飯豊連峰、二王子岳の真っ白な山も見え始めテンションアップ!
無事大蔵山登頂です

DSC01568_convert_20150124211611.jpg
五泉市の街並みを眼下に、菩提寺山などがある西山三山、そして雲に浮かんで見える角田山などの西蒲三山

DSC01564_convert_20150124212045.jpg
菅名岳の向こうに真っ白な飯豊連峰と二王子岳

DSC01561_convert_20150124211140.jpg
お隣の村松白山、粟が岳、川内山塊が眺望できます
そして、これから向かう予定の風越山への稜線が手前に見えています

DSC01570_convert_20150124213018.jpg
稜線は風が強い、青空もなくなりました、しかし遠くの山まで見えます
風越山へ向かうかどうかは三五郎山まで行ってから決断しましょう

DSC01582_convert_20150124213249.jpg
飯豊が近くに見えてきます、それにしても真っ白

DSC01584_convert_20150124213309.jpg
川内山塊もクッキリ見えてきます

DSC01583_convert_20150124213627.jpg
歩いて来た稜線を振り返る二人

DSC01593_convert_20150124214053.jpg
三五郎山へ進む稜線散歩~フカフカの雪を踏みしめて、チョー楽しい

DSC01598_convert_20150124214410.jpg
三五郎山に着きました、磐梯山も見えるよ\(^o^)/

さあどっちに進みましょう?‥風越山へのトレースはないようだ、雪の状況はどうか?

DSC01607_convert_20150124214954.jpg
まずは、お腹も減ったし、風の当たらない樹木の傍でランチにしましょう(^_^;)

ランチ中、単独者が私たちの傍を通過しようとしている‥
お声掛けてみると、風越山に向かうという
下山後の大蔵登山口までの同乗をエサに(笑)、ご一緒に風越山に向かうことにしました

0030_original_convert_20150124220503.jpg
正面に見えるのはマンダロク山と日本平山など

DSC01618_convert_20150124221145.jpg
川内山塊はとっても奥深い、ずーと先まで山ヤマやま…、そして山山々‥

DSC01658_convert_20150124222053.jpg
樹氷帯を越え

DSC01669_convert_20150124222631.jpg
稜線の鞍部から見た五泉市内と西山・西蒲三山

DSC01671_convert_20150124222433.jpg
横山への登りは急です、慎重にステップ切って登ります
昨年は、ここらへんにクラックがあった、慎重に

DSC01674_convert_20150124223203.jpg
横山山頂
川内山塊が目の前に広がる
春になったら川内山塊の奥へ挑戦するぞと、心に誓って山並みを眺めます

さあ、風越山に向かいましょう
DSC01687_convert_20150126201623.jpg
目の前のピークが風越山だと思っていました‥違うそうです(-_-;)

DSC01694_convert_20150126202536.jpg
風越山はその先に見える尖がったピークでした

DSC01693_convert_20150126202731.jpg
谷を隔てて大蔵山

DSC01699_convert_20150126203108.jpg
雪庇を踏み抜かないよう注意

DSC01709_convert_20150126203418.jpg
目の前のピークが風越山です~雪庇が張り出していますので左側には寄らないようにね

DSC01710_convert_20150126203646.jpg
村松白山そして粟が岳を眺める

DSC01711_convert_20150126203704.jpg
歩いて来た稜線を振り返る

DSC01719_convert_20150126204316.jpg
さあ、下山しましょう

DSC01746_convert_20150126205617.jpg
西蒲三山を眺めながら

DSC01749_convert_20150126205119.jpg
五泉市(旧村松町)を眼下に下ります

DSC01752_convert_20150126213909.jpgDSC01753_convert_20150126210445.jpgDSC01755_convert_20150126210504.jpg
春の準備中「タムシバ」と「シュワッチ(オオカメノキ)」

DSC01774_convert_20150126211210.jpg
鉄塔から左に下り

DSC01777_convert_20150126211232.jpg
杉林をくぐると愛車をデポした林道(大蔵遺跡)に出ます
途中から同行していただいたIさん、ありがとうございました

川内山塊への思いが高まった今回の登山でした
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

朝日ライナーさん、こんにちわ。
かなりご無沙汰しています~。

12月初旬から雪が積もって、なかなか思うようにお山に行けないですね。。。
石川県でもそう思うので、新潟県はもっと・・・だと思います。

標高1000弱であの立派な樹氷が育つとは凄いですね~。見渡す限りの白き山々・・・は見ごたえあります。本当に山ばかりです。

先日の太平洋側遠征、お疲れ様でした。まさかダイヤモンド富士を見にお山に登られたとわ~!!!ものすごく寒そう~!!!でも感動ですね。

そういえば山とは関係ありませんが、NGT48ができますね~。専用劇場はどの辺にできるんですかね~。どんなスターが生まれるのか期待しています~。

今年も色々なお山に行けるといいですね。
あれ~、今年のご予定に平ヶ岳がない。。。
  • #401 山ガールの青レンジャー 
  • URL 
  • 2015.01/27 10:16 
  •  ▲EntryTop 

Re: NoTitle

青レンジャー様、こんばんは

12月から山に行けない悪天候が続いていましたが雪国の宿命ですね

そんな中で、関東遠征「ダイヤモンド富士」大大感動でした‥青空が眩しすぎた(^O^)

新潟も年を明けてからは天候も落ち着き始め、雪山を楽しめる日が少しづつ出て来ました

大蔵菅名山塊の樹氷は、この標高ではとても珍しいと思います
蔵王などとは比べ物にならない小さなものですが

「NGT48」10月1日新潟駅前に劇場が出来るようですが?
北陸からは遠いですね、私は近くても興味ないですが
ご当地からスターが誕生すれば、それはそれで嬉しいです
今は「ネギっこ」というご当地アイドルが人気のようです

平ケ岳‥ありますよ~9月に登りたいです
所属山の会では9月の連休に皇太子ロードからのコースが予定されています
青レンジャーさんは、いつのチャレンジでしょうか?お待ちしています
飯豊と朝日も待っていますよ\(^o^)/

NoTitle

このコースを3月6日に行ってきましたが、クラックが進んでいて緊張しました。
それ以外は青空、樹氷、快適な雪原歩きと、久々の山日和でした。

Re: NoTitle

亀の内ちゃん
お天気に恵まれて良かったですね
横山への急登箇所のクラック、ビビりますよね(^_^;)

大蔵菅名山塊は、手軽な稜線散歩が楽しめますね
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索