鳴倉山から駒の頭~雪山の感動と厳しさ

鳴倉山から駒の頭~雪山の感動と厳しさ

180_convert_20150219220938.jpg
魚沼の雪山


多少お疲れモードのこの頃、ブログのアップが滞ってます(^_^;)

2015.2.15(日)、会山行(13名)、魚沼市の山
山行計画では
【大沢集落‥鳴倉山…トヤの頭‥駒の頭‥黒禿の頭‥笠倉山…黒禿の頭‥駒の頭‥488峰…
湯の谷健保センター】
の予定でしたが‥‥結末は?

昨年から登りたかった黒禿の頭への雪山山行
目的までたどり着けるかどうかは、天気と雪の状態、そしてメンバーが揃わないと簡単にはいかない豪雪地域の山です

今回の予報は残念ながら芳しくありません
数日前から大雪続きで、もしかすると中止か?という状況でした
でも中止の連絡も行先変更の連絡もない‥不安と期待の両方を胸に出発しました
今回は山のスペシャリストのメンバーが12名+まだまだ未熟者の朝日ライナー

小雪が舞う天気の中、道の駅「小出」から車道をしばらく歩き鳴倉山登山口へ向かいます

003_convert_20150224214412.jpg
見てください車道脇の雪の壁

005_convert_20150224215037.jpg
正面の杉林から左の尾根に登っていきます

009_convert_20150224215240.jpg
鳴倉山登山道の看板

010_convert_20150224215513.jpg
のっけから急です、そして深いラッセル
先頭を交代しながら登ります

011_convert_20150224215527.jpg
タヌキも一緒です(^O^)

018_convert_20150224220022.jpg
下界の景色もガスではっきり見えません

019_convert_20150224220628.jpg
深い雪で急な斜面は登るのも一苦労

031_convert_20150224220937.jpg
時折クレパスに落ちる恐怖にも笑いで這い上がり

033_convert_20150224221446.jpg
最大の難所、垂直に近い壁に男どもが挑むも‥雪壁に阻まれ立ち往生

035_convert_20150224221545.jpg
それを見ていたA女史、トラバースして横の尾根からササッと登り始めます、そして皆さん後に続きます

045_convert_20150224223325.jpg
鳴倉山山頂直下を這い上がり

052_convert_20150224223623.jpg
鳴倉山を越えた鞍部から振り返る

鳴倉山を越えてからはラッセルの深さも増してきます

057_convert_20150224223910.jpg
朝日ライナー先頭で雪を漕ぐ・漕ぐ・漕ぐ、‥苦しさ変わって快感の域(^_^;)

076_convert_20150224231357.jpg
鳴倉山の次のピークのトヤの頭を目指し進んでいると、徐々に雲が切れ始めます

090_convert_20150224232008.jpg
トヤの頭に着きました

092_convert_20150224232131.jpg
トヤの頭からは最終目的地の笠倉山、黒禿の頭、そして駒の頭が見えてきました‥‥まだまだ遠い(^_^;)
果たして辿り着けるでしょうか?

088_convert_20150224231819.jpg
振り返ると鳴倉山と魚沼市街(小出)

095_convert_20150224233314.jpg
上権現堂山・下権現堂山が白く輝いてきました

104_convert_20150224233958.jpg
毛猛山塊が白く輝き綺麗です

121_convert_20150224234722.jpg
駒の頭を本日の山頂とするとのリーダーの声、もうすぐです

124_convert_20150224235356.jpg
駒の頭山頂です

136_convert_20150224235141.jpg
朝日ライナー山頂でいつものポーズ

132_convert_20150224235600.jpg
上権現堂山・下権現堂山

131_convert_20150224235619.jpg
唐松山

133_convert_20150225000051.jpg
笠倉山(左)と黒禿の頭(右)
まだまだ遠いです

139_convert_20150225000447.jpg
今日はここで引き返します

149_convert_20150225001148.jpg
途中の風の当たらない林の中でランチ
今日は座って食べれないのではと思っていたので嬉しいです

162_convert_20150225194857.jpg
どんどん青空が広がり山々が輝いてきました

175_convert_20150225195503.jpg
下山は登って来た時のトレースを進みますので楽です

176_convert_20150225195532.jpg
尾根沿いをアップダウンしながら進んで行きます

朝日ライナー先頭を進んでいると、突然右横の雪庇がドスンと崩壊\(◎o◎)/!
一瞬の出来事でした‥
くれぐれも雪庇を踏み抜かないよう進みましょう

181_convert_20150225200743.jpg
振り返り、駒の頭・笠倉山・黒禿の頭
お天気が良いとその奥には越後三山「八海山・中の岳・越後駒ヶ岳」のハナコさんが見えるのですが

196_convert_20150225203933.jpg
左前方に大力山を見ながら鳴倉山を目指します

197_convert_20150225204320.jpg
鳴倉山と魚沼市街

213_convert_20150225204733.jpg
鳴倉山への登りです

この時はその後の試練を予見するよしはなかったのです‥(@_@)

226_convert_20150225205529.jpg
鳴倉山ピークを越える瞬間

228_convert_20150225205858.jpg
ピークを越えた瞬間から暴風です

235_convert_20150225205915.jpg
身体が飛ばされそうになり、すんなりと進めません

236_convert_20150225210532.jpg
顔に雪粒てがビシッビシッと突き刺さり‥イタタター!!
ゴーグルを付ける余裕はありません
何故ならゴーグルはザックの中、すぐ出せるアウターの内ポケットに入れておくべきでした
顔を風下側に横に向けながら‥、身を屈めながら‥
右側は雪庇、左も滑落注意
風の弱くなる瞬間を感じながら一歩づつ慎重に下ります

242_convert_20150225210549.jpg
風が弱まる場所で全員が揃うのを心配しながら待ちます

246_convert_20150225211943.jpg
なんとか危険箇所を脱出し下山するメンバー

251_convert_20150225212734.jpg
魚沼市街も近くに見えてきました

256_convert_20150225212756.jpg
もうすぐ下山です(右下の建物)

264_convert_20150225213128.jpg
全員無事下山し鳴倉山を振り返る~左の尾根に取りつき尾根沿いに右に進むと鳴倉山のピークにたどり着きます

261_convert_20150225213523.jpg
予定していた笠倉山までは行けませんでしたが、一人ではとても挑戦できそうもないこのコース
魚沼の雪山の素晴らしさと厳しさの両方を体験した貴重な山行でした
またチャレンジして、黒禿の頭そして笠倉山まで登りたいと思う山でした

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

朝日ライナーさん、こんにちは。

すっごい豪雪!!やはり魚沼の山はハンパじゃないですね!朝日ライナーさんも十分スペシャリストだと思いますよ〜。
ところで、あの狸は何ですかー?(笑)興奮してしまいました(°_°)

鳴倉山ピークを越える瞬間、暴風なのが写真からでも伝わります。キツそうな山ですね。次回は笠倉山までチャレンジですね(^-^)

Re: NoTitle

たまねぎさん、こんばんは
コメントありがとう
豪雪地ゆえの雪山の楽しみ方が、メンバーの協力でラッセルして進むことでしょうか
山の楽しみ方も色々あるのだと感じました

狸の毛皮、マタギの知恵でしょうね
雪山で休む時、そのまま座れるし暖かいらしいです(^O^)

標高は1000mもないのですが、そこは豪雪地の厳冬期
自然をなめたらいけませんね







おつかれさま

お疲れ様でした。この時期、駒の頭まで行けただけでも驚異的だと思いますよ。
笠倉山まで行けるのは天狗か化け物くらいでしょう。それだけきつい山行だったと思います。
足並みが揃っていたのも良かったですね、中でも女性パワーのすごさにはたじたじでした。
これからも雪山を多いに楽しんでください。

Re: おつかれさま

甘納豆様

雪山の楽しさと怖さ、そして女性パワーの凄さを感じた山行でした(^_^;)
もっともっと雪山を体験したいと思います
今後もアドバイスお願いいたしますm(__)m

NoTitle

朝日ライナー様

鳴倉山というと、道の駅ゆのたに(僕の定宿)から見えている山でしょうか?
魚沼の山はやっぱり僕の好みです。
僕も3~4月頃、魚沼の山を狙っています。

独りだとキツいラッセルも、仲間と共に山頂を目指すラッセルは格別なのでしょうね。
また、楽しい登山記録、楽しみにしています。

Re: NoTitle

ほせ様、お久しぶりです

鳴倉山(579m)
道の駅ゆのたにから見える里山で奥には越後三山があります
作年春に、ほせさんが登られた未丈ケ岳
その時に日向倉山でスライドしたのでしたよね

道の駅が定宿でしたか、車中泊には適地でしょうね
今春狙う山は何処でしょうか?楽しみです



  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索