再び雪の五頭山へ

再び雪の五頭山へ

159_convert_20150318234224.jpg

2015.03.15(日)、快晴、2名
五頭山(912m)、阿賀野市

先月登った雪の五頭山の感動を再び
この時のブログを見て、是非私を連れてって!と、山友Sさん
リクエストに応えるには絶好の日です~やはり朝日ライナー、日頃の行いが良いからか?
いえいえ、山友Sさんでしょう


晴天の休日ということで、五頭山の駐車場は混雑が想定されます
駐車場には遅くても8時前には着く予定で新潟を出発
案の定、駐車場に着いたら昨日までの降雪で駐車スペースが少なく
私の後に到着した車は止めるのに苦労していました
やはり山は朝早く行動した方が良いですね
ただ、朝早いが故に、降雪直後はラッセルを覚悟しなければならない
今日は時間がタップリあるので、のんびり楽しみましょう

支度をしていると、所属山の会の先輩方ともお会いします
菱ケ岳に登る人達も今日は多いようです

002_convert_20150319215646.jpg
雪がタップリ積もっています

015_convert_20150319215830.jpg
今日の装備はピン付長靴、三の峰までトレースバッチリ、ワカンはまだ装着しなくても大丈夫です

016_convert_20150319220128.jpg
027_convert_20150319220323.jpg
雪を纏った木々が綺麗

034_convert_20150319221511.jpg
真っ青な空、ここを登り切れば‥

040_convert_20150322082149.jpg
三の峰です~パノラマが広がります、二の峰、一の峰そして山頂、奥には飯豊連峰

043_convert_20150319222109.jpg
スノーダンプとスコップがありますが?

047_convert_20150319222129.jpg
雪に埋まっている避難小屋~積雪は先月より多いようです

052_convert_20150319223015.jpg
四の峰

060_convert_20150319223316.jpg
眼下には越後平野と日本海

056_convert_20150319223835.jpg
二の峰に向かいましょう~ここからワカン装着

064_convert_20150319224215.jpg
二の峰から振り返り~三の峰と四の峰

074_convert_20150319225942.jpg
飯豊に見惚れる山友Sさん
お地蔵様の顔は樹氷で覆われています

076_convert_20150319224806.jpg
足上げが足りない!と言わないでね

080_convert_20150319230623.jpg
一の峰から前一の峰の稜線を進み

082_convert_20150319230837.jpg
前一の峰からは飯豊連峰がドドーン!
そして山頂に続くトレース、飯豊まで続いていないかなぁと思ってしまいます

083_convert_20150319231846.jpg
朝日連峰も見えました~↓右から、大朝日岳、中ノ岳、西朝日岳

091_convert_20150320225519.jpg
前のピークが山頂(三角点)

093_convert_20150320225543.jpg
山頂(三角点)~積雪期の目印は竹の棒

106_convert_20150320230238.jpg
飯豊の山々を見ながらランチ
今日はヒラタケ入りのうどんです、ヒラタケは前週に登った魚沼の某山で収穫したもの
具材が少なかったのとスープの味が薄かったのが反省点

108_convert_20150320231126.jpg
真っ白な飯豊連峰の稜線を眺めて至福の一時

097_convert_20150322075602.jpg
アップで~飯豊連峰最高峰の大日岳

098_convert_20150322075618.jpg
アップで~左から北股岳、梅花皮岳、烏帽子岳

099_convert_20150322075638.jpg
アップで~二王子岳(左)、鉾立峰(中央)、大石山(右)
画像をアップで見たら頼母木小屋らしいものも見えました


磐梯山も薄っすら見えましたよ
さて、ランチを終え下山しましょう

112_convert_20150320231847.jpg
山頂から少し戻った場所から見える五頭山の5つの峰~積雪期しか見えません

113_convert_20150320232414.jpg
来た道を戻ります

126_convert_20150320232925.jpg
何度も飯豊を振り返ります

127_convert_20150320233150.jpg
五頭連峰最高峰の菱ケ岳

128_convert_20150320233847.jpg
一の峰~三の峰

131_convert_20150322092605.jpg

133_convert_20150322084024.jpg
二の峰に戻って来ました

136_convert_20150322083243.jpg
二の峰のお地蔵様、下山時は顔を覆っていた樹氷も解けていました

149_convert_20150322084522.jpg
146_convert_20150322084546.jpg
三の峰で、雪のテーブル席を作り、飯豊を眺めながらコーヒータイムをしていた登山者
絵になりますね

150_convert_20150322085543.jpg
下山はスキー場コースにしましょう~四の峰に向かいます

156_convert_20150322090048.jpg
四の峰

155_convert_20150322085909.jpg
五の峰に向かいます

165_convert_20150322090318.jpg
五の峰の青春の鐘

166_convert_20150322090342.jpg
越後平野に向かって下山します

175_convert_20150322090900.jpg
トレースはありますが、雪が重くなって歩きづらくなりましたが
まだ時間もタップリあるので大丈夫です

183_convert_20150322091435.jpg
スキー場跡に着きました、スキーのトレースがあります

189_convert_20150322091612.jpg
マンサクが咲いていました

1426688896695.png
<本日のコースタイム>
菱ケ岳P(8:00)‥<三の峰コース>‥三の峰(10:06)‥山頂(11:07-12:25)‥三の峰…四の峰‥五の峰(13:20)‥<スキー場コース>…菱ケ岳P(15:34)
総距離9.7km、一日タップリ楽しんだ山行でした

DSC00282_convert_20150322163325.jpg
Sさんありがとう

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村⇚ご覧いただいた方はここをクリックしてね
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
美味~い!!  ←美味~い!! 【2015年03月】の更新記事一覧 →白山烏帽子  白山烏帽子
 

~ Comment ~

年明けの菩提寺、高立の時にコメントしたものですm(__)m

僕もその日五頭登ってました。7時過ぎからなんで先行です。
なんとか三の峰の小屋まで行ったけどワカンもスノーシューも無かったのでさっさと撤退してきました(^^;
どこかですれ違ってますね。
スノーシュー欲しくなって今日好日山荘へ見に行ったけど高くて嫁の許可がおりません(T-T)

冬山はトレースがしっかり付いた頃にピン長で行くくらいが精一杯かな。

て、僕の事はいいか(笑)

では素敵な山行きLifeを(^^)b

Re: タイトルなし

どんぐり様、コメントありがとうございます

どんぐりさん、単独でしたか?
私たちが登っているときスライドした方で「ワカンが無いので三の峰で引き返してきた」と仰った方がおりましたが‥
当日は、早くに登った方はラッセルで大変だったでしょう

スノーシューは高価ですよね、そして高価の割に急坂は苦手ですよ

でも雪山を楽しむなら、最低限ワカンは用意されてはいかがですか?
ツボ足だと、片足がズボッとはハマってしまった際に、足の骨折などケガをする危険性が高いそうです
下山時は要注意です!
奥様もケガ防止なら許可が出るのではないでしょうか?

真っ青な空と、真っ白な雪景色、飯豊連峰の眺望最高でしたね(^O^)
また何処かの山でお会い出来るでしょうか
お互い山を楽しみましょうv-263

単独です。
メガネ掛けて大汗かいてたヤツです(^^;
多分僕かと…(・_・;

スノーシューの件は粘り強く大蔵省を説得してみます(笑)

では(^^)/

Re: タイトルなし

どんぐり様

登山用スノーシューではMSR製が有名ですが
私のはモンベルで購入したアトラス製です

予算案が通過することを祈っています(^O^)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索