会津朝日岳~4年振りの山開き

会津朝日岳~4年振りの山開き

DSC05774_convert_20150708141222.jpg
山開きポスターに魅せられて

2015.06.14(日)、曇り時折小雨、単独
会津朝日岳(1624.3m)、日本二百名山

浅草岳の下見ついでに只見町役場に情報収集に行った際に貰った
「只見四名山」山開きポスター、我が県と力の入れ方が違います
四名山とは、要害山、蒲生山、浅草岳、そして会津朝日岳

この貰ったポスターを部屋に飾って毎日眺めて居れば参加したくなるのが人の心理
前日の谷川連峰の疲れもなんのその
早朝、愛車を走らせ、六十里峠の県境を越え福島県只見町へ
臨時駐車場から登山口までシャトルバスが出るとの情報
送迎バスの出発は5:30~、既に5時前から車が列を成して駐車場の開くのを待っています
並んでいた登山者は200~300名位でしょうか
7~8台のバスに乗り込み、全車繋がって登山口へ向かいました

DSC05210_convert_20150708144734.jpg
登る前から渋滞です
記念のバッチを貰う列、駐車場から登山口に向かう途中で渡していました

DSC05775_convert_20150708145121.jpg
これが山開き記念バッチ

DSC05216_convert_20150708145858.jpg
登山口で山開き神事を行う準備をしていました

DSC05214_convert_20150708150056.jpg
皆さん神事を待たずに列をなして出発しています
朝日ライナーも出発しましょう(5:46)

DSC05218_convert_20150708150406.jpg
暫くは沢沿いの道、ズーット列をなしていますので

DSC05221_convert_20150708150432.jpg
追い越すことが出来ません

DSC05224_convert_20150708151008.jpg
渡渉あり、登山道は徐々に急になり、休憩する人が出始め、追い越せるようになってきました
しかし、追い越しても追い越しても登山者の列

DSC05227_convert_20150708151618.jpg

DSC05230_convert_20150708151844.jpg
人見の松(7:22)
霧雨が降っていましたが止んだようです

DSC05239_convert_20150708152726.jpg
シャトルバスでお隣の席だった新潟出身の山ボーイから頂いたSOYJOYを口に銜えながら休まず登ります

DSC05241_convert_20150708153244.jpg
山頂はズーット奥のようですが

DSC05242_convert_20150708153448.jpg
ヒメサユリはしっとり濡れて色っぽい

DSC05245_convert_20150708153715.jpg
叶ノ高手(7:42)

DSC05247_convert_20150708153941.jpg
DSC05248_convert_20150708154001.jpg
大クロベ

DSC05254_convert_20150708154308.jpg
あれが山頂らしい

DSC05256_convert_20150708154455.jpg
熊の平(8:05)
雪渓が現れた、しかし大した急ではないのでこのまま登ります

DSC05261_convert_20150708154745.jpg
避難小屋~内部は薄暗く、小屋内で焚火が出来る炭焼き小屋風の作りでした

ここまでくる途中で単独の方とすれ違い「早いですね、一番乗りですか?」と、声を掛けたら
昨夜小屋に泊まって山頂へ一番乗りだったそうです

小屋から急登を約20分程登ると
DSC05269_convert_20150708155652.jpg
前が開け、山頂直下のバイウチノ高手(8:30)

えっ、そこに雪渓の急登が立ちはだかる(@_@)

スタッフがスコップで階段つくりをしていたが未だ上部までは出来上がっていない
そもそも、それに頼っている訳ではないが
大半の登山者がここでアイゼンを装着
朝日ライナーは‥、アイゼンを持っていない失態(^_^;)
まあ、なんとかなるさ、これ位の雪渓

DSC05271_convert_20150708160722.jpg
キックステップで一歩づつ急登を登って雪渓上部まで行くと、そこで衝撃的出来事が!!!

DSC05272_convert_20150708161254.jpg
目の前を人が仰向けで滑っていく‥滑落~!!!
朝日ライナー、あっけにとられてただ見ているだけ\(◎o◎)/!
下から、腹這いに慣れ~!と大声で叫ぶ
でもそんなことで止まるような斜面ではない
ズーッと下部まで落ちて行った、大丈夫だろうか?
周りに緊張感が漂う
滑落した方は私の5~6人前に登っていた、トラバースする箇所で滑ったらしい

後程のスタッフの話では滑落した方は無事だったらしい
この雪渓で登頂を断念する登山者も居たらしい
こんな急な雪渓があることを朝日ライナーも知りませんでした、下調べ不足でした

さて、気持ちを落ち着かせて慎重に登ります
朝日ライナーは雪渓をなるべく避けて独自ルートを登ります

DSC05274_convert_20150708162807.jpg
そして、ピーク手前の岩場を登り

DSC05276_convert_20150708163251.jpg
ここが山頂かと思ったら、山頂はもう少し尾根を北側に30~40m行った所でした

DSC05277_convert_20150708163623.jpg
会津朝日岳山頂(8:50-55)

DSC05281_convert_20150708164335.jpg
山頂北東斜面の岩肌

DSC05279_convert_20150708163924.jpg
山頂には三角点と三座固定盤があります
どんどん下から登頂目指して登ってきます
残念ながら雲で眺望は効きません、長居しないで下山しましょう

DSC05295_convert_20150708164913.jpg
このあたりから滑落したのです

DSC05294_convert_20150708165139.jpg
下山時には、スタッフによりステップが付けてあり、安心して下れました

DSC05301_convert_20150708165444.jpg
熊の平は休憩中の登山者で賑わっています

いつの間にか先頭集団に近い位置で登ってきたようです

DSC05305_convert_20150708170006.jpg DSC05307_convert_20150708170025.jpg DSC05308_convert_20150708170040.jpg
雨に濡れた花もしっとり綺麗です

DSC05312_convert_20150708170920.jpg
山頂を振り返る~矢印が山頂、山頂の左側の雪渓(青線)が登山道

DSC05318_convert_20150708171610.jpg DSC05329_convert_20150708171630.jpg
ヒメサユリとサンカヨウ

DSC05345_convert_20150708171951.jpg
無事下山(11:46)

DSC05348_convert_20150708172016.jpg
帰りのシャトルバスは一番バスでした
帰りのバスの中、お隣に座った方は、この会津朝日岳で日本二百名山を制覇した神奈川県からの登山者
3年間待ったそうです

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

下調べは念入りにしましょう、特に残雪期は注意が必要ですね(^O^)
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

おっ、もしや今日は雨降りの代休でしたでしょうか(^^ゞ

会津朝日岳の山開きは、こーーーんなに多くの人が訪れたんですねぇ。
人が大勢いても滑落は止まらない。大事に至らなくてよかったです。

それにしても、朝日ライナーさんの体力・気力はすごすぎ。
茂倉・武能岳周回もなかなかハードだったでしょう?


Re: Re: NoTitle

> わらさん
> 昨日は深夜勤務明け、本日休みですので時差ボケ対策していました
> そのため、昨夜は爆睡でした
>
> やはり4年振りの登山解禁でしたので、富士山並みの渋滞でした
> 目の前での滑落、ただただビックリしましたv-12
> 油断禁物ですね
>
> 茂倉岳・武能岳良かったですよ
> 岩場を好まない朝日ライナーでも余裕のコースです
>
> 茂倉避難小屋に泊まってゆっくり楽しむのもありかなと思いました
> そうすれば谷川岳まで行けるでしょうし
> 秋にでももう一回行きたい山です、その時はニコラスさん共々ご一緒に(^O^)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索