飯豊連峰~石転び沢雪渓でヘトヘトに②

飯豊連峰~石転び沢雪渓でヘトヘトに②

DSC06116_convert_20150727130232.jpg

2015.07.14(火)-15(水)
飯豊連峰~石転び沢雪渓でヘトヘトに①からの続きです

やっとの思いで梅花皮小屋にたどり着いた朝日ライナー
小屋の傍らで動けません、暫く仰向けに横たわります

DSC05852_convert_20150723111456.jpg
小屋前から北股岳を仰ぎ見

DSC05853_convert_20150723111521.jpg
反対側には梅花皮岳

DSC05855_convert_20150727131318.jpg
裏手には飯豊連峰最高峰の大日岳

吹く風が気持ち良い、景色を眺めながら体力回復を待ちます
小屋番さんから、これからどうするのか聞かれましたが
「御西小屋から明日ダイグラを下りる予定で登って来たが諦めました」と告げ
次の選択肢は二つ~門内小屋まで行くか、ここに泊まるかとなりました

DSC05860_convert_20150727132634.jpg
DSC05862_convert_20150727132659.jpg
石転び沢雪渓を覗きこみ

DSC05863_convert_20150727133015.jpg
小屋周辺を歩き

DSC05864_convert_20150727132930.jpg
大日岳

DSC05875_convert_20150727133659.jpg
ニッコウキスゲ

DSC05866_convert_20150727133615.jpg DSC05871_convert_20150727133636.jpg
ヨツバシオガマにウスユキソウ
小屋周辺に咲く花々を鑑賞して

そうこうして、一時間以上経ったでしょうか

DSC05877_convert_20150727134044.jpg
稜線の新潟県側からガスが覆ってきました

時間と共にガスはこちら側に押し寄せてきます
今日はここ梅花皮小屋にお世話になることにして早々と小屋の中に入りました

その後二人の登山者が到着、今宵の宿は3名です
偶然にも二人ともダイグラを下山しようと来た方、しばしの山談義で夜が更けていきました

DSC05880_convert_20150727134925.jpg
翌朝、やはり周りはガス、ガス、ガス
まぁ、雨が降らないだけ良いでしょう
ゆっくり支度を整え出発します(6:30)

DSC05883_convert_20150727135420.jpg DSC05902_convert_20150727141145.jpg DSC05895_convert_20150727135504.jpg
ママハハコ、クルマユリ、ウスユキソウ

DSC05897_convert_20150727135529.jpg DSC05899_convert_20150727135544.jpg DSC05905_convert_20150727135634.jpg
ハクサンフウロ、ニッコウキスゲ、ヨツバシオガマ

昨日の疲れで足は重く、咲き乱れる花々に足が止まりながら北股岳への急登を進む

DSC05914_convert_20150727140833.jpg
コバイケイソウの群落

DSC05917_convert_20150727140856.jpg
登山道沿いに咲く花々が登りを苦にしません

DSC05921_convert_20150727141641.jpg
北股岳山頂(7:05)

これから続く稜線歩き~ガスが晴れたら丸森尾根、晴れなければ梶川尾根を下山する予定です

DSC05927_convert_20150727142026.jpg
刈り払いされ歩きやすい登山道を進みます

DSC05931_convert_20150727142333.jpg DSC05940_convert_20150727142353.jpg
ウスユキソウにシャクナゲ

DSC05946_convert_20150727142834.jpg

DSC05943_convert_20150727143315.jpg
登山道の両脇に咲き乱れる花々

DSC05958_convert_20150727143054.jpg
圧巻はやはりニッコウキスゲの大群落

DSC05956_convert_20150727143749.jpg

DSC05967_convert_20150727143122.jpg
これでもか、これでもかのニッコウキスゲロードが続きます

DSC05949_convert_20150727143728.jpg DSC05979_convert_20150727144033.jpg
気の早いマツムシソウに、今が旬のハクサンフウロ

DSC05975_convert_20150727144216.jpg
体長10㎝はある大きなカタツムリが登山道を歩いていました~踏み潰すところでした

DSC05986_convert_20150727144510.jpg
チングルマの花穂

DSC05988_convert_20150727144530.jpg
門内岳山頂(8:19)

DSC05992_convert_20150727145001.jpg
門内小屋

小屋の前に行くと小屋番さんが管理棟から出てきて少しだけ立ち話
昨夜は宿泊者が居なかったそうです
ここの水場は未だ雪渓の下、現在飲料には融雪水を使用中
水場が使えるのは8月になってからではないかという事でした

一昨日はまれにみる好天で新潟県側も山形県側も雲一つない絶景が見れたとのこと
次回はこの小屋に泊まって見たいと思い先に進みました

DSC05999_convert_20150727150024.jpg DSC06000_convert_20150727150004.jpg
胎内山を通過し、扇の地紙へ(8:55)

ガスは晴れませんので、ここから梶川尾根を下山することにします

梶川尾根上部もお花畑が続きます
DSC06009_convert_20150727150446.jpg DSC06011_convert_20150727150508.jpg
アオノツガザクラとイワカガミ、そしてチングルマ

DSC06019_convert_20150727150636.jpg DSC06020_convert_20150727150656.jpg
ヨツバシオガマと残っていましたヒメサユリ

DSC06025_convert_20150727151608.jpg
徐々にガスの下が見えて来ました

DSC06043_convert_20150727151837.jpg
梶川峰に向かって下山

DSC06091_convert_20150727152113.jpg
梶川峰(9:52-10:00)

DSC06094_convert_20150727152415.jpg
ガスの中からダイグラ尾根が姿を現し
お前には未だココを登らせる訳にはいかないと言っているようだ

DSC06097_convert_20150727152440.jpg
昨日登った石転び沢雪渓も姿を現し

DSC06106_convert_20150727152840.jpg
梅花皮大滝

DSC06145_convert_20150727153201.jpg
湯沢峰でランチ、そしてそこからの激下りを慎重に下る

DSC06149_convert_20150727153226.jpg
無事下山です(13:13)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

今回の反省点
DSC06150_convert_20150727153543.jpg
ビールは1本にしよう(^_^;)
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索