荒沢岳~真夏の苦行を乗り越えて

荒沢岳~真夏の苦行を乗り越えて

DSC07137_convert_20150906190310.jpg
岩峰を乗り越え

高山はまもなく初雪の便りが届く時期になりましたが
朝日ライナーのブログは未だ真夏でストップ中
詳細報告も下書きのまま放置されておりました山行詳細をアップいたします
因みにこのお山は今の時期紅葉で綺麗だと思いますよ

9月12日、NHKBSプレミアム「グレートトラバース2~日本二百名山一筆書き踏破~第二集:夏・東北~新潟18座に挑む」の放映がありました
山友から、朝日ライナーさん写っていたよとのメールがあり、先日になって録画していた放送をようやく見ることが出来ました
そういえば、ブログ更新もこの山から止まっていたね

昨年の日本百名山一筆書きの時は、地元の山で田中陽希さんとお会いしたいと思いながら、休みと山のタイミングが合わずじまい
今年こそはとスケジュールをサイトから確認していました
新潟県内の日本二百名山を北から挙げると
①朝日連峰「以東岳」、②飯豊連峰「エブリサシ岳」、③二王子岳、④御神楽岳、⑤守門岳、⑥八海山、⑦中ノ岳、⑧荒沢岳、⑨谷川連峰「仙ノ倉山」、⑩佐武流山
の十座もあるが、いづれも都合が合わない
田中陽希さんが県内の山に入った頃だったでしょうか?、登頂予定日が変わった
8月4日(火)の休みの日、当初の予定は山と山との移動日だったのが荒沢岳登頂予定日になった
これはチャンスとルートを確認
すると8月3日に八海山から登って中ノ岳そして荒沢岳への一泊二日の三座縦走
8月4日に銀山平登山口から登れば、万一荒沢岳山頂に間に合わなくても途中でスライドするだろう
当日の天気予報は晴れ、決行が決まった

2015.08.04(火)、荒沢岳(1968m)日本二百名山、新潟百名山

DSC07087_convert_20151004230230.jpg
登山口(5:10)
登山口のある銀山平、ガスが掛かっています
先行者が一組登っていきました
朝日ライナーもゆるゆると登り始めます

DSC07090_convert_20151007165953.jpg
朝もや(ガス)の中、樹林帯の急登を登って
途中先行者を追い抜きトップか?

DSC07093_convert_20151007173120.jpg
前山(1090m)三角点を通過(5:47)

DSC07109_convert_20151007170645.jpg
しばらく登るとガスの上~雲海が広がります

DSC07106_convert_20151007171558.jpg
木々の間から見えるは「越後駒ヶ岳」(日本百名山)

DSC07117_convert_20151007174745.jpg
山頂稜線が遠い、手前に尖がったピークが見えるが?

DSC07120_convert_20151007175109.jpg
やっと3合目~登山地図で前嵓下の地点でしょうか?(6:37)

ここからが荒沢岳の神髄、苦行の始まりです
DSC07122_convert_20151007180637.jpg

DSC07123_convert_20151007180653.jpg
垂直に近い梯子や鎖場が続く~緊張の連続

DSC07137_convert_20151007181426.jpg
登り切ったと思ったら‥\(◎o◎)/!
~どうやって何処から登るのか?
ここでしばし休憩、立ちはだかる岩壁を眺めます

DSC07138_convert_20151007191023.jpg
岩壁にトラバースして続く登山道が確認できた

DSC07140_convert_20151007191553.jpg
一旦下り、そして登り返す

DSC07143_convert_20151007191629.jpg DSC07145_convert_20151007192452.jpg
垂直に近い岩場に鎖の連続
鎖が無い箇所もあったりして緊張の岩登り
3点支持で慎重に登ります

DSC07147_convert_20151007193340.jpg
一番の危険地帯を何とか通過しました‥ホッ!
振り返ると、登ってきたピークと中荒沢雪渓が眼下に見える

DSC07148_convert_20151007194210.jpg
対岸には日向倉山や未丈ケ岳など毛猛山塊が一望です

DSC07149_convert_20151007194229.jpg
そしてやっと山頂稜線が見えてきました
まだまだ遠いねぇ

DSC07151_convert_20151007195447.jpg
前嵓(1536m)(7:34)
標柱が倒れています

DSC07153_convert_20151007200331.jpg
右手方向には越後駒ヶ岳(日本百名山)

DSC07152_convert_20151007200525.jpg
さぁ、山頂に向かいましょう
一旦下って登り返しますが、ここからは真夏の暑さと急な尾根道でヘロヘロ状態(^_^;)

DSC07160_convert_20151007201502.jpg
振り返る

DSC07167_convert_20151007201810.jpg
山頂手前~また岩場が立ちはだかる

DSC07175_convert_20151007203219.jpg
やっと山頂が目の前に見えて来た

DSC07180_convert_20151007203450.jpg
荒沢岳山頂(1968m)(8:54)日本二百名山、新潟百名山
誰も居ませんのでセルフタイマーでポーズ!

DSC07188_convert_20151007204350.jpg
朝日ライナー、アサヒで乾杯

田中陽希さんが通ってくる中ノ岳からの稜線が一望ですが、
まだまだ姿は見えません

そうこうしていると、後続の登山者が登ってきて山頂は6~7名に
30分以上経ちました
諦めて下山しようか‥と脳裏をよぎる
そんな時遠くで雄叫びが聞こえる~!

キター!!、えっどこどこ??
周りの登山者は灰の又岳のピークあたりをこっちに向かうのが見えたようだ
朝日ライナー、目を凝らすが見えない
でもワクワクドキドキ‥待っていると

DSC07193_convert_20151007210218.jpg
見えた~!!

DSC07201_convert_20151007210427.jpg
見えてからは早い早い~後ろからカメラマンもぴったり着いて撮影しながら向かっている

DSC07204_convert_20151007214542.jpg
朝日ライナー、登頂を拍手で出迎えます
そして、陽希さんは登頂インタビューを受けています

DSC07206_convert_20151007214601.jpg
ひと段落したところを見計らって記念撮影をお願いしました

DSC07209_convert_20151007215240.jpg
新潟側からガスが上がってきました
そろそろ下山しましょう(10:39)

DSC07226_convert_20151007215851.jpg
前嵓の垂直に下る岩場~鎖が付いていない(^_^;)

DSC07231_convert_20151007220148.jpg
下りは特に慎重に~そして登り返しが見える

DSC07246_convert_20151007220902.jpg
前山を過ぎて登山口までもうすぐのところで、陽希さんに抜かれます

そして無事下山(13:24)

DSC07252_convert_20151007221636.jpg
登山口で出待ちしていた子どもと一緒に歩く陽希さん

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
朝日ライナーのTVデビュー、判る人にしか判らない写り具合でした
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

バッチリと分かりましたよ!
て言うか、DVDをコマ送りしてようやく確認しましたw

噂に違わぬ難所の山ですね~
おもしろそうではありますが、安全第一の小三歩隊
山頂に「小判」でも埋まってなければ、行かないかな~(^^ゞ

調子が出てきたところで、次の更新、行ってみましょう!!(#^.^#)

NoTitle

すごいな~と、正直思います。先日駒ヶ岳から観た険しそうな山を登られたことに敬服します。

Re: NoTitle

小三歩さん
そうでしょ、コマ送りしても知っていないとわからん写りでしたね(^_^;)

小三歩さんならチョイと一登り出来そうですが
岩山が好きな人は最高でしょうが一度は登ってみてはいかがですか?
もしかすると山頂に大判小判も埋まっているかもしれませんし‥

Re: NoTitle

僕(さだお)さん

田中陽希さんに会いたい一心で登ってきました
岩峰の険しさは三点支持を守っていれば大丈夫と感じましたが、
思ったよりロングコースで真夏の暑さに参ってしまいました
この紅葉の時期はお奨めだと思います

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索