冬の天狗岳~初日

冬の天狗岳~初日

051_convert_20160118123106.jpg
中山峠付近から天狗岳を眺望
明日登るぞ!皆もおいでよ

2016.1.16(土)~17(日)、4名

雪山を存分に楽しめない県内の山を抜け出して、そして青空を求めて行ってきました(^O^)
栄PA(6:30)集合
初日は黒百合ヒュッテまでの計画なので楽ちんです
長野に入ると北アルプスが見え出しテンションUP、でも雪が少ない(^_^;)
諏訪ICで高速を降りて
八ヶ岳連峰がデーンと見えると又またテンションUP、でも雪が少ない(^_^;)
でも青空一面でウキウキです

今回の登山口は渋の湯から
渋御殿湯の駐車場をお借りします(一日1000円)
004_convert_20160118125722.jpg 008_convert_20160118125531.jpg
身支度をしていたらバス2台到着、渋御殿湯の玄関先は混雑してきました
登山届を提出し出発(11:27)

登山口の標高は1840m、今日の宿泊先「黒百合ヒュッテ」の標高が2400m
標高差560m、2時間30分の行程予定です

014_convert_20160118133425.jpg
コメツガの樹林帯、雪が薄っすらと踏み固められた登山道をゆるゆると登っていきます

018_convert_20160118133507.jpg
八ヶ岳と言えば苔の森が有名ですが
これは苔ではなくコメツガの芽でしょうか?

020_convert_20160118134805.jpg
八方台からとの合流地点(12:28)
こっちから登ってくる登山者は踏み跡からすると少ないようです
ここまで約一時間、ほぼコースタイムどおりです
まったく眺望が効かない樹林帯をここまで黙々と登ってきました
樹氷・霧氷もなく刺激がありません

022_convert_20160118133712.jpg
すると、ちょっと開けた場所、青空が嬉しい
樹木の間から白い山もチラ見えしテンション回復

025_convert_20160118135551.jpg
唐沢鉱泉からとの合流地点(13:00)
ここまでもコースタイムどおり
そして、ここから黒百合ヒュッテまで一時間のコースタイムです

028_convert_20160118141028.jpg
雪が増えてきました

031_convert_20160118140642.jpg
そして、樹氷が綺麗になって青空に映えます

そんな時、花火星人さん御一行とスライド
天狗岳は無風・快晴で最高だったそうで、今日の内に登ったほうが良いよとアドバイスされました
足取りがだんだんと早くなったのでしょうか?

032_convert_20160118141312.jpg
右横に天狗の奥庭が見えると黒百合ヒュッテはすぐそこです

033_convert_20160118141338.jpg
黒百合ヒュッテに到着(13:42)
後半はペースアップしたようです

038_convert_20160118141852.jpg
黒百合ヒュッテ前で全員で記念撮影


040_convert_20160118144539.jpg 042_convert_20160118144558.jpg
宿泊受付をして、この後のことを相談します
明日の予報は風が強まり午後から下り坂ですが
この時間からの天狗岳へのピストンは時間的にもギリギリになるだろう
宿でゆっくりするにはもったいない天気なので、手軽に登れる中山展望台まで登ることを提案

043_convert_20160118144630.jpg
テント場の脇をとおり中山峠に向かいます(14:24)

050_convert_20160118144916.jpg
中山峠から少し中山方向へ登ると天狗岳と硫黄岳がドーンと
登頂は明日の楽しみにしましょう

057_convert_20160118150044.jpg
中山への登り、振り返ると秩父方向の山々

中山山頂は樹林帯の中にひっそりと山頂標柱が立っているだけ

069_convert_20160118150112.jpg
山頂を越え樹林帯を暫く歩くと

073_convert_20160118150613.jpg
前が明るく開けてきます
そして

078_convert_20160118150635.jpg
展望台で踊るメンバー

083_convert_20160118150654.jpg
朝日ライナーも

周りを見渡せば
094_convert_20160118151243.jpg
蓼科山(左)と北横岳(右)
雪が少ないですね

095_convert_20160118152126.jpg
浅間山(雪がほとんどない)

093_convert_20160118151224.jpg
北アルプスの山々(槍穂高)と手前に車山(ゲレンデだけ雪がありますね)

086_convert_20160118151207.jpg
天狗岳

098_convert_20160118152357.jpg
エビの尻尾も小っちやいです

100_convert_20160118152840.jpg
風の当たらない処に戻って、しばしコーヒータイム

102_convert_20160118152716.jpg
西日に照らされる天狗岳

107_convert_20160118152735.jpg
黒百合ヒュッテに戻りました(15:56)

110_convert_20160118153418.jpg 109_convert_20160118153554.jpg
大部屋はこんな感じ、そして屋根裏部屋も覗いてみました
私たちは個室でゆっくり出来ましたが

114_convert_20160118153528.jpg
一階フロアは自炊組と大部屋の皆さん方で大混雑

112_convert_20160118153446.jpg 113_convert_20160118153506.jpg
夕食前に軽く喉を潤し、夕食を戴きました
この日の夕食は二交代、私たちは最初の番で17:30~
主食はハンバーグ、それにテーブル共有でおでんが並びました

一階フロアは夕食後も大混雑、メンバーの体調不良もあって、食事後は早々と個室でゆっくりしていたのですが
チョット外に出てみると
117_convert_20160118154649.jpg
澄んだ空気と満点の星空
テントの明かりと、冬の代表的な星座「オリオン座」が輝いています\(^o^)/
三脚がないため、これが精いっぱい(生で見せられないのが残念です)

明日に備えて早めに就寝します

冬の八ヶ岳~二日目>に続く
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

こんばんは。
本当は、もう少しゆっくりお話して情報交換できれば良かったんですが
登りも下りも後続者がたくさんいたし、ちょうど狭いところでしたね。
ヤマレコなど見ても、小屋は超満員だったようですが
個室ならくつろげましたね~

続編、楽しみにしています。

Re: NoTitle

花火星人さん、こんにちは

昨年もこの時期超満員だったようでしたので個室にして正解でした
二日目も最高の天気でブルーを楽しめましたよ\(^o^)/
今週の雪で今後はホワイトも綺麗になりそうですね

今度は是非ご一緒にお願いします
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索