初秋の祝瓶山

初秋の祝瓶山

P9050081_convert_20160206001844.jpg
祝瓶山山頂で何思う?

季節は真冬ながら、朝日ライナーのブログはやっと秋に突入したばかり

今回の更新は、東北のマッターホルンとの異名を持ち
朝日連峰の主峰「大朝日岳」を間近に眺められる山
祝瓶山です
316_convert_20160206205700.jpg
2014年9月、大朝日岳から見た祝瓶山(中央のピラミダルな山)
遠くに見える山脈は飯豊連峰

天気予報は回復傾向、山頂に着く前には晴れて大展望を期待していたのですが
残念ながら、終始青空は見えないまま(^_^;)
しかし、ちょっとだけ大朝日岳が姿を現してくれました(^O^)

2015.09.05(土)、曇り、6名
祝瓶山(1417m)

<コースタイム>
針生平登山口(7:20)‥山頂(11:18-12:45)‥針生平登山口(15:55)

P9050003_convert_20160206002952.jpg
登山口からすぐの所に吊り橋‥一人づつ慎重に渡りましょう

P9050007_convert_20160206004908.jpg
分岐点、真っ直ぐ進むと平岩山を経て大朝日岳へのルート
祝瓶山には右に折れ鈴振尾根を登ります

P9050034_convert_20160206003115.jpg
鈴振尾根はとにかく急です

P9050054_convert_20160206003330.jpg
写真でも急さが判ると思います

P9050036_convert_20160206005811_convert_20160206005839.jpg
一の塔
ここから見えるピークは山頂ではありません

P9050048_convert_20160206010302.jpg
左奥のピークが山頂

P9050060_convert_20160206201526.jpg P9050063_convert_20160206202020.jpg
山頂です
ガスで回りは真っ白、期待していた大朝日岳は見えません
しかたがないので、アサヒで乾杯(^o^)/

ランチタイムをしていると
P9050078_convert_20160206202337.jpg
ガスが晴れて大朝日岳が見えてきました
山頂部は若干ガスが掛かっていますが十分満足です

0023_original_convert_20160206202831.jpg
ちょっと色づき始めた登山道を下る朝日ライナー

P9050044_convert_20160206203836.jpg P9050085_convert_20160206203858.jpg

P9050033_convert_20160206204022.jpg P9050056_convert_20160206203938.jpg

秋の気配を感じた山行でした

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索