スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

雪の五頭山~菱が岳周回

雪の五頭山~菱が岳周回

0024_original_convert_20160215193417.jpg
菱が岳山頂~雪山はイイデー(^o^)/

2016.02.12(金)、晴れ、2名
五頭連峰「菱ケ岳(973m)、五頭山(912m)」

この日は平日の休みなので、一人で何処の山に登ろうか?と
以前からあれやこれや候補を思い浮かべていたのだが、決めかねていた
そんな時、山友waraさんから休みになったので、何処かに登りましょうのお誘い
二つ返事でOK!
前日に菱・五頭周回に決めて現地待ち合わせします

早朝7時、登山者の車は未だ3~4台
昨日大勢の登山者が入ったことでしょう、トレースはしっかりあります
そして放射冷却で登山道はガチガチのようです
なので最初からアイゼン装着、念のためワカンとピッケルを背負い出発します(7:15)

P2120270_convert_20160215195923.jpg P2120279_convert_20160215195949.jpg
木々の間から菱ケ岳が見えます
途中で見えたダイヤモンド菱

P2120285_convert_20160215200420.jpg
陽が射して五頭山の五つの峰が輝いてきました

P2120287_convert_20160215200658.jpg
鳥に見えませんか?

P2120291_convert_20160215201201.jpg
越後平野と日本海が見えてくる

P2120294_convert_20160215201233.jpg
急登をガシガシ登るwaraさん

0021_original_convert_20160215201543.jpg
喘ぎながら登る朝日ライナー(^_^;)

P2120298_convert_20160215201930.jpg
P2120300_convert_20160215201957.jpg
五頭山の一の峰から五の峰まで綺麗に見えます

P2120306_convert_20160215202331.jpg
稜線の上に飯豊連峰キター!!

P2120312_convert_20160215202518.jpg
急登も青空と樹氷が励ましてくれます

P2120314_convert_20160215202536.jpg
菱ケ岳山頂が目の前

0022_original_convert_20160215203338.jpg
菱ケ岳山頂(9:56)

0024_original_convert_20160215204227.jpg
バックに飯豊連峰

P2120321_convert_20160215203628.jpg
こっちは川内山塊
この山塊には矢筈岳(新潟100名山)残雪期限定の山もあります
この春にチャレンジ出来るでしょうか?

P2120319_convert_20160215205054.jpg
飯豊連峰最高峰の大日岳が真っ白
五頭への稜線には、昨日歩いたであろうトレースが沢山あります

山頂からのパノラマ
P2120326_convert_20160215205729.jpg
西方向

P2120327_convert_20160215205758.jpg
東方向

P2120324_convert_20160215210307.jpg
遠く朝日連峰も全容が見えテンションアップ\(^o^)/

P2120335_convert_20160215211219.jpg
飯豊を見ながら稜線散歩の始まりです

P2120344_convert_20160215211500.jpg
菱ケ岳を振り返る

P2120345_convert_20160215211527.jpg
五頭方向から歩いてくる一人目の登山者とスライド
会友Kさんでした

IMG_5295_convert_20160215212104.jpg
Kさんから撮影して貰いました

P2120350_convert_20160215212600.jpg
飯豊に向かって

P2120353_convert_20160215212627.jpg
樹氷も出来ています

P2120359_convert_20160215212951.jpg
お腹が空きましたね
飯豊を正面に見える絶好ポイントでイスとテーブルを作りランチ
今日はシュワッも持ってきました~ゴクン、マイウー(^O^)

P2120376_convert_20160215213738.jpg
飯豊に向かって

P2120378_convert_20160215213801.jpg
樹氷

P2120388_convert_20160215214417.jpg
飯豊が近づいて来ました

P2120391_convert_20160215214441.jpg
五頭山にもう少し

P2120395_convert_20160215215042.jpg
菱ケ岳への稜線を振り返る

そしていよいよ五頭山へ
P2120403_convert_20160215220030.jpg
五頭山山頂(12:18)

P2120401_convert_20160215220339.jpg
目の前には飯豊がドーンと

P2120399_convert_20160215220404.jpg
磐梯山も見えます~赤〇の所

0037_original_convert_20160215215826.jpg
この竹竿が積雪期の五頭山山頂の印です

P2120405_convert_20160215220929.jpg
さあ、下山しましょう~三の峰コースです

P2120408_convert_20160215220953.jpg
五頭山の五つの峰~冬期しか一緒に見ることが出来ません

P2120417_convert_20160215221907.jpg
前一の峰~越後平野に弥彦山と角田山が浮かぶ

0042_original_convert_20160215222158.jpg P2120419_convert_20160215222127.jpg
二の峰から飯豊を見納めして~今年、飯豊には何回登れるかなぁ

P2120422_convert_20160215222444.jpg
三の峰から越後平野に下って行きます
昨日に続いて本日も最高の雪山を堪能出来ました\(^o^)/
ご一緒戴いたwaraさんありがとう
三の峰登山口(13:35)‥菱ケ岳駐車場(13:47)

P2120425_convert_20160215222938.jpg
下山途中、会友2名とスライド
ザックカバーに何やら絵が描かれていたので撮らしてもらいました(写真をクリックすると拡大します)
~一寸法師と打ち出の小槌~可愛いですね(^O^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

飯豊も素晴らしい眺めですが、
川内山塊の威風堂々たる様も素晴らしいですね!!!

Re: NoTitle

二日連続で雪山堪能
飯豊のでっかい山容はやはり格別でした
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。