スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

放山~二週連続のモヤッと

放山~二週連続のモヤッと

P3030176_convert_20160311112526.jpg
雲よ消えてくれ~!

糸魚川市にある放山(1190m)に登ってきました
2016.03.03(木)、曇り、単独

P3030089_convert_20160303201944.jpg
シャルマン火打スキー場から登ります
リフト一回券500円

P3030087_convert_20160311113858.jpg
隣に聳える鉾ケ岳・権現岳

P3030092_convert_20160311114638.jpg P3030096_convert_20160311115242.jpg
リフト山頂駅傍にあるスキーパトロール詰所で登山届を提出します
今日は風が強いので物など飛ばされないよう気を付けてとアドバイスされました
下山時にもここで下山の旨伝えます
そしてココから先は自己責任です

P3030104_convert_20160311114928.jpg
山頂駅の裏側から尾根伝いに進みます

P3030102_convert_20160311115011.jpg
今日のお目当ての山容が見えますが‥
残念ながら雲の中です、この後雲が取れるのを期待して登っていきます

P3030115_convert_20160311120509.jpg
P3030116_convert_20160311120148.jpg
ブナ林の中を黙々と登ります
今日は平日、他の登山者やBCの方は見当たりません
トレース跡がありますが、雪庇に注意して登りやすそうな斜面を上がっていきました

P3030120_convert_20160311120230.jpg
目の前のピークが放山山頂でしょうか?

P3030124_convert_20160311120800.jpg
鉾ケ岳・権現岳~時折陽が射すと雪面が輝き綺麗です

P3030125_convert_20160311121031.jpg
登ってきた方向を振り返る
矢印の所がスキー場の山頂駅です

P3030140_convert_20160311130015.jpg
放山山頂を通過し先に進んでみましょう

P3030139_convert_20160311122420.jpg
山頂稜線のシュカブラが風の強さを物語ります

P3030175_convert_20160311131008.jpg
陽が少し射してきました~綺麗
でも、ここからの火打山・焼山などの大眺望を期待していただけに惜しい!

P3030170_convert_20160311131115.jpg
もっと青空よ広がれー!と念じますが、火打山頂が見えそうで見えない
白い山肌がなんとも言えず
次は空沢山に登りたいと思っていますが、どのピークでしょうか?
ここからは結構時間が掛かりそうですね

P3030161_convert_20160311130835.jpg
笹倉温泉方向に岩峰が~烏帽子岳でしょうか?

P3030154_convert_20160311130720.jpg
尾根の東側は雪庇が発達していますので近寄れません

P3030168_convert_20160311130917.jpg
不動山など妙高方向

P3030184_convert_20160311133413.jpg
放山山頂へ戻ってきました
途中BCの方が何グループか滑っていました

P3030191_convert_20160311133441.jpg
下山しましょう

P3030202_convert_20160311133507.jpg P3030203_convert_20160311133526.jpg
下山途中に風の当たらない斜面でランチ
今日はおでんとカップ麺、そしてアサヒのシュワッ

P3030228_convert_20160311133608.jpg
下山はスキー場のコースを歩いたり

[広告] VPS

スノーシューを履いたまま尻セードです

<コースタイム>
ゲレンデトップ(9:00)‥放山山頂(10:07)‥稜線散歩‥放山山頂(11:00)‥途中ランチ‥ゲレンデトップ(12:20)

火打山・焼山などの眺望を期待していただけに次回リベンジ決定です


ということで
2016.03.08(火)にリベンジです
今回は笹倉温泉から登ります
糸魚川までの高速道路は終始ガスっていてテンション低めでしたが

P3080004_convert_20160311135039.jpg
笹倉温泉に向かって進むと青空とともに
キター!焼山

P3080002_convert_20160311135059.jpg
右手方向には烏帽子岳でしょうか?

P3080005_convert_20160311135208.jpg
笹倉温泉に駐車させて貰いました

P3080007_convert_20160311135226.jpg
太陽の方角の山に登ります
今年の小雪で用水路などに落ちないようルートを見極めながら取りつきへ進み

P3080009_convert_20160311135335.jpg
取りつき手前~正面の杉林の斜面を登ります

P3080010_convert_20160311135248.jpg
焼山、噴煙も見えています~期待して登りましょう(^O^)
その直後から‥‥

P3080012_convert_20160311135422.jpg
ガスが覆い尽くしました(^_^;)

山頂までズーッとガスの中(--〆)
持ってきたリボンを所々付けながら
GPSでルートを確認しながら山頂へ到着するも‥ガス、ガス、ガス(--〆)

P3080020_convert_20160311141908.jpg
山頂は無風、ガスが晴れないか暫く待ってみましたが
チョットその雰囲気はあったのですが

P3080022_convert_20160311135454.jpg
ランチにしながら待ってもガスは晴れず(--〆)

P3080031_convert_20160311135552.jpg
寝そべって待ってもガスは晴れず(--〆)

今回は諦めます
P3080035_convert_20160311135837.jpg
リボンと自分のスノーシュートレースを頼りに下ります

P3080041_convert_20160311135705.jpg
下山途中、今年初マンサクが励ましてくれました

<コースタイム>
笹倉温泉(9:09)‥山頂稜線(10:54-11:42)‥笹倉温泉(13:06)

P3080050_convert_20160308211825.jpg
笹倉温泉露天風呂で癒されて帰りました
再リベンジ決定です
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。