スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

放山~三度目にしてスッキリ

放山~三度目にしてスッキリ

DSC09205-2_convert_20160315105438.jpg

2016.03.13(日)、晴れ、3名
放山(糸魚川市)

二週連続モヤッと>を解消するため
そして、山友にこの絶景を見せてあげたい
青空は少な目でしたが、日本離れした山容がデーンと広がる
積雪期限定の山を楽しんで来ました
これでモヤッと解消(^^)/


DSC09105_convert_20160316094212.jpg
シャルマン火打スキー場
予報どおり青空が広がっています
一回券を購入し、クワッドリフトに乗りゲレンデトップに向かいます

DSC09119_convert_20160316094252.jpg
パトロール室に登山届を提出
山頂レストラン裏側から放山に進みます(9:30)

DSC09121_convert_20160316094359.jpg
すぐの処から火打山と焼山がドーン!と
朝日ライナー、この時点でモヤッと解消(^^♪

DSC09124_convert_20160316094416.jpg
焼山をズームで
いかにも火山っぽい山容、噴煙がたなびいています

DSC09126_convert_20160316094503.jpg
火打山をズームで
日本百名山、また登りたい山です

DSC09136_convert_20160316100008.jpg
ふわふわの新雪が積もっていましたが沈み込みは少なく快適に登れます
バックに鉾ケ岳・権現岳

DSC09141_convert_20160316100040.jpg
新雪の斜面にBCのシュプール

DSC09145_convert_20160316100313.jpg
ブナ林の樹氷の中登ります

DSC09147_convert_20160316100346.jpg
山頂までもう少し

DSC09166_convert_20160316100728.jpg

DSC09172_convert_20160316101833.jpg
急登を登ると

DSC09173_convert_20160316101902.jpg
目の前の平のところが放山山頂です

DSC09192_convert_20160316102022.jpg
山頂からは火打山と焼山などの妙高戸隠連山がデーンと聳えます(10:32)

DSC09206_convert_20160316103012.jpg
放山は細長い山頂部になっています
稜線散歩しましょう

DSC09217_convert_20160316103127.jpg
綺麗だね(^_-)-☆
スーちゃんとアッちゃんのこと?、それとも景色のこと?

DSC09232_convert_20160316104251.jpg
地図を広げて山座固定しましょう

DSC09234_convert_20160316110125.jpg
焼山から海谷山塊方向

DSC09224_convert_20160316105437.jpg
少し西側には烏帽子岳、阿弥陀岳など

DSC09229_convert_20160316105233.jpg
ズームで~雨飾山はどれかなぁ?

DSC09230_convert_20160316104519.jpg
西方向には日本海が広がります
遠望が利くと能登半島も見えるのでしょうが、今日は見えません

DSC09257_convert_20160316110530.jpg
ここでランチにしましょう
予報どおり雲が覆ってきましたが絶景を堪能できました

DSC09261_convert_20160316110601.jpg DSC09263_convert_20160316110643.jpg
BCの方々に興味深々のアッちゃん
何故ならばBCスキー道具新調したばかり、これからデビュー予定だとか
BCの方々は笹倉温泉方向に滑走していきました

DSC09281_convert_20160316110838.jpg
放山山頂は賑わっています
大半はBCの方9割以上でしょうか

DSC09292_convert_20160316110905.jpg
下山は思い思いにブナ林の中を縫うように進みます
時には尻セードを楽しみながら

DSC09301_convert_20160316112511.jpg
ゲレンデトップの裏側で焼山と火打山、そして登った放山を眺めながらコーヒータイム
下山時から焼山と火打山は雲の中に隠れていましたが、ちょうどコーヒータイム時に再び姿を表してくれました
そしてまた雲の中に隠れました
朝日ライナー、三度目の放山でご褒美を貰いスッキリスッキリ!(^^)!

あとはゲレンデを歩いて下るだけですが、この後思わぬ事件が‥‥!(^^)!


尻セードを楽しみながらゲレンデを下っていると
[広告] VPS

後ろからパトロールに声をかけられます
ゲレンデ内は歩いちゃいけないとのこと‥エッ!
尻セードもここで終了、パトロールに監視されながらペアリフトに乗せられ下山しました

DSC09325_convert_20160316111352.jpg
最後のハプニングも貴重な情報
次来るときはゲレンデを通らず下山するルートを探しましょうか

どちらにしても、三度目にやっとモヤッと解消、スッキリ楽しめた放山でした
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。