マイナー12名山のトップ~矢筈岳への道のりは遠い

マイナー12名山のトップ~矢筈岳への道のりは遠い

P4190110_convert_20160506224822.jpg
来年こそはあの頂へ

2016.04.19(火)、晴れ、2名
魚止山(1078m)

<コースタイム>
取付(6:00)‥魚止山山頂(9:06-34)‥取付(11:44)

マイナー12名山のトップに君臨する矢筈岳
新潟百名山制覇を目標にしている朝日ライナーにとって最難関の山である

まして今年は稀にみる小雪、とても厳しい条件がそろっている
ヤマレコなどで検索しても今年のログはほとんどない
でもこのまま来年に持ち越ししても来年登れる自信がない
そこで今年は室谷からのコースを下見がてら魚止山まで登ってみることにしました
山友Hさんが同行したいと言うので2名です

例年であれば室谷洞窟から先の林道は積雪で通行止めのようですが、
今年は稀にみる小雪で、取付きの約二㎞手前まで車で入れました
林道終点に取付きの赤テープとロープ
さあどんな山なのか?ワクワクです

P4190006_convert_20160508203000.jpg
取付地点を上がるHさん

P4190016_convert_20160508203525.jpg
最初は比較的なだらかでテープも踏み跡もしっかりありましたが

P4190023_convert_20160508203610.jpg
そのうち灌木を掴みながらでないと登れない急な斜面が続く

そんな時、Hさんが掴んだ枝が折れてしまい転倒
転んだ際、石に肩を打ってしまい‥

P4190030_convert_20160508203734.jpg
様子を見ながらしばらく登ったものの、肩に力が入らないということでリタイヤ
ここで休憩して待って貰いました

P4190033_convert_20160508203837.jpg
こんな所を登り

P4190035_convert_20160508203932.jpg
振り返ると御神楽岳

P4190040_convert_20160508204021.jpg
854Pを過ぎるとしばらく残雪歩き
やはり雪があると登りやすい

P4190044_convert_20160508204053.jpg
傾斜が緩やかになり、魚止山が目の前に近づく

P4190046_convert_20160508212317.jpg
右隣りに聳える太郎山~ここも登山道はありません

P4190052_convert_20160508204300.jpg
魚止山の左に矢筈岳へと連なるピークが見えてきました
魚止山まであと一登りです

P4190057_convert_20160508204332.jpg
魚止山山頂直下の藪漕ぎ
ここは距離も短いし、大した藪ではありません
と、いうか毛猛で藪漕ぎを経験しているからそう思えるのでしょうか?

P4190061_convert_20160508204357.jpg
魚止山山頂~三角点にタッチ

P4190064_convert_20160508213658.jpg
振り返ると御神楽岳と登ってきた尾根

P4190062_convert_20160508213524.jpg
前方にはやっと見ることが出来た矢筈岳

三角点の先に進んでみると展望が開け
P4190068_convert_20160508214404.jpg
目の前に川内山塊が広がる
矢筈岳へつながる稜線を確認したいが、それには目の前に聳えるピークまで行きたいところですが
Hさんを余り待たせる訳にもいきません
ここで暫く眺望を楽しみます

P4190096_convert_20160508222340.jpg
駒形山

P4190071_convert_20160508215309.jpg
矢筈岳

P4190072_convert_20160508215335.jpg
青里岳
その左奥に見えるのは粟ケ岳でしょうか?

P4190073_convert_20160508215359.jpg
五剣谷岳

P4190074_convert_20160508215918.jpg
銀次郎山と銀太郎山
昨年のGWに銀次郎山と銀太郎山へ登りましたが、そこからは矢筈岳は見えず遠い存在でした
ここから見ると、本当に遠いことが目に見えて分かります

P4190076_convert_20160508220920.jpg
右を見ても

P4190082_convert_20160508220945.jpg
左を見ても

P4190092_convert_20160508221047.jpg
谷を覗き込んでも

P4190086_convert_20160508221011.jpg
人工物が何も無い、やま、ヤマ、山ばかり

そんな川内山塊の入り口に立って
来年の矢筈岳への挑戦を心に誓って朝日ライナーはアサヒで乾杯

P4190100_convert_20160508221856.jpg
矢筈岳を目に焼き付けて

P4190116_convert_20160508223819.jpg
福島県境の山々~御神楽岳、貉森山などを正面に見ながら下山します

P4190141_convert_20160508223405.jpg P4190152_convert_20160508223427.jpg

P4190154_convert_20160508224356.jpg
新緑が出始めたブナ林を抜け、無事下山しました
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索