越後三山「中ノ岳から丹後山」縦走~その1

越後三山「中ノ岳から丹後山」縦走~その1

P5210191_convert_20160601151725.jpg
中ノ岳山頂~後方の山は荒沢岳

2016.5.21(土)~22(日)、晴れ、単独

今週も新潟100名山ゲットの山旅
兼ねてから密かに計画していた縦走を決行する時が来ました
今回はハードな山で避難小屋泊の予定なので久々のデカザック
それなのに、朝なかなか起きれず出遅れてしまう
駐車場には4~5台の車、渓流釣りらしい方が居ましたが登山者の姿はなし
この山に登るのには時間が遅かったでしょうか?
登山口には十字峡登山センターがあり、素泊まり可能
遠方から来る場合は前泊出来るので便利です

P5210005_convert_20160602122926.jpg
登山届ポストと案内版

ここで登山届を書き投函します
朝出遅れにも関わらず、中ノ岳に登って越後駒ケ岳へ行く計画書を提出
さて、大丈夫だろうか?
一度も登ったことのない山塊でデカザック
標準コースタイムは中ノ岳まででも8時間15分、今から登ると15時30分
とても越後駒ケ岳まで辿り着けないだろうか?
でも、何とかなるさ、といつも軽く考えている朝日ライナー
頑張って登りましょう

P5210004_convert_20160601153820.jpg
登山口
山の神にお祈りして出発します

のっけから急登が続く

P5210009_convert_20160601154409.jpg
一合目(7:56)

P5210011_convert_20160602123005.jpg
左手側には八海山が見えてきた

P5210012_convert_20160602200745.jpg
ブナ林の中を登る

P5210019_convert_20160602123208.jpg
二合目手前の鎖場
デカザックには堪える

P5210020_convert_20160602123232.jpg
後方には三国川ダム湖と巻機山が見えてきた

P5210021_convert_20160602123251.jpg
右手側には桑ノ木山

P5210022_convert_20160601154433.jpg
二合目(8:31)

P5210023_convert_20160602130739.jpg
五合目の日向山(雨量観測所)が見えた~まだまだ遠いなぁ

P5210024_convert_20160602130758.jpg
八海山

P5210028_convert_20160602130839.jpg
後方に桑ノ木山とネコブ山、そして巻機山の全貌が見えます

P5210029_convert_20160602130930.jpg
八海山(右)と阿寺山(左)

P5210030_convert_20160602130948.jpg
もうすぐ三合目~でも日向山までは未だ遠い

P5210032_convert_20160601154517.jpg
三合目(9:01)

P5210036_convert_20160602131911.jpg
来年こそは登りたい~ネコブ山(マイナー12名山)

P5210039_convert_20160601154540.jpg
四合目(9:25)

P5210047_convert_20160602134628.jpg
丹後山など関越国境の山

P5210048_convert_20160602134653.jpg
桑ノ木山、ネコブ山、下津川山

四合目から五合目までは花ロードでした
P5210040_convert_20160602132643.jpg P5210045_convert_20160602132742.jpg
イワウチワにギフチョウ

P5210046_convert_20160602132802.jpg P5210058_convert_20160602133246.jpg
タムシバにショウジョウバカマ

P5210041_convert_20160602132719.jpg
カタクリ

P5210049_convert_20160602133801.jpg P5210053_convert_20160602133825.jpg
シラネオオイ

P5210059_convert_20160602134202.jpg
ここを抜けると

P5210061_convert_20160602135226.jpg
五合目「日向山」です(10:17)

そして
P5210060_convert_20160602135158.jpg
やっとお目にかかりました
中ノ岳がドーンと大迫力で聳えています

五合目から暫くは緩やかなアップダウンで残雪を踏みながら進む
登山地図には生姜畑と記載されている

P5210075_convert_20160602140739.jpg
パノラマ撮影~左から八海山、御月山、中ノ岳

P5210085_convert_20160602142817.jpg P5210087_convert_20160602142843.jpg
白い花はツバメオモト?、黄色い花は???

P5210095_convert_20160602143054.jpg P5210097_convert_20160602143118.jpg
ハクサンシャクナゲ

P5210091_convert_20160602145537.jpg
振り返ると日向山

P5210100_convert_20160602141841.jpg
七合目「小天上」(11:14-41)

六合目の標識はわかりませんでした
七合目で11時14分、この時間だと越後駒ケ岳までは無理っぽいと諦めかけます
結構バテました、そしてお腹も減ったし、ここでランチにしました

P5210107_convert_20160602145341.jpg
中ノ岳を仰ぎ見ながら

P5210106_convert_20160602145320.jpg
八海山

P5210108_convert_20160602145403.jpg
兎岳から丹後山の稜線

P5210109_convert_20160602150416.jpg
丹後山、本谷山、下津川山、ネコブ山までの関越国境の山々

P5210112_convert_20160602151156.jpg
腹ごしらえをして、少し元気が回復してきたので登り始めます

P5210121_convert_20160602151230.jpg
何やらチョロチョロと小さな動く物体が…、よく見るとこれはダニの親子では?
大きいのの後ろに小さいのがずっと後を追いかけていました

P5210123_convert_20160602151252.jpg
八合目(12:19)

八合目付近から九合目までも急登です
八合目付近だったでしょうか?
二~三合目付近で追い越された単独の日帰り登山者が下山してきました
小屋に一人休んでいた方以外、他に登山者には会わなかったそうです
果たして今日は何人の登山者と会うのでしょうか?

P5210137_convert_20160602151351.jpg P5210116_convert_20160602151332.jpg
イワナシにミネザクラ

P5210133_convert_20160602151553.jpg
ミネザクラと八海山

P5210134_convert_20160602151612.jpg
ミネザクラと日向山

登山道に水が流れてきました、この上に残雪があるのでしょう
九合目はすぐそこのようです

そして
P5210140_convert_20160602152830.jpg
稜線に上がりました、ここが九号目です
右手には兎岳から丹後山などの関越国境の山々
奥に平ケ岳なども見えます

P5210141_convert_20160602152909.jpg
正面には荒沢岳

P5210143_convert_20160602152929.jpg
そして左に中ノ岳

今日の予報は段々と雲が広がる予報どおり、でも雨の心配はなさそうです
あまり遠望は訊きません
さぁ、中ノ岳までもうひと頑張り

P5210147_convert_20160602155141.jpg
振り返って兎岳など関越国境の山々

P5210149_convert_20160602155204.jpg
残雪部を通過出来るか見極めながら登る

P5210151_convert_20160602155227.jpg
越後駒ケ岳が見えたら山頂はすぐ

P5210152_convert_20160602155250.jpg
中ノ岳山頂(13:22)
日本二百名山、新潟100名山登頂\(^o^)/

P5210157_convert_20160602160057.jpg
誰も居ないのでセルフタイマー撮影
デカザックはグレゴリーの65ℓ
装備はアイゼン、ピッケル、マット、シュラフに食料など
重量は量っていないので判りません(^-^;

P5210158_convert_20160602160117.jpg
避難小屋がすぐそこに見えます

遠望は訊きませんが、周りの山々には
P5210160_convert_20160602161009.jpg
越後駒ケ岳

P5210161_convert_20160602160757.jpg
八海山

P5210159_convert_20160602160945.jpg
荒沢岳(左)と灰ノ又山(右)
昨年8月に田中陽希さんに出会った山

P5210162_convert_20160602160817.jpg
登ってきた尾根と日向山

P5210163_convert_20160602160835.jpg
中ノ岳避難小屋(13:37)

誰も居ません
さて、どうしようか?
この時間だと休むには早いが越後駒ケ岳に行くには時間が足りないような
日も長いし、元気なら十分行けると思う反面、初めて通る道とデカザック
そして、ヘバッテいます
無理はしないでおこう

ここ中ノ岳避難小屋で一泊することにしました

P5210164_convert_20160602182706.jpg
小屋の内部はこんなです
二階もあります(写真撮り忘れた…)
貸切なので何処でも良いのですが、二階に寝ることにしてザックを置いてチョット外へ

P5210169_convert_20160602182811.jpg
越後駒ケ岳までの道を眺めます
結構なアップダウン、うーん行かないで正解かなぁ
明日早朝にピストンすれば昼には戻って来れるだろうが‥
その後の予定も考慮すれば無理しないでおこう

P5210168_convert_20160602182843.jpg
越後駒ケ岳をズームで~肩の小屋も見えますね

さて、小屋に入って早々と夕食です
P5210170_convert_20160602184311.jpg
まずはアサヒで一人乾杯(^O^)/
時間を見ると未だ14時半です
おつまみに一人食材の酢豚に卵焼きなど

P5210173_convert_20160602184336.jpg
メーンディッシュはパスタ
今日登山中に採取したコシアブラに

P5210174_convert_20160602184359.jpg
ネマガリダケをトッピングして~マイウー(^^♪

一人だとあっという間にたいらげてしまいました
そうこうしていると外が明るくなってきました

P5210177_convert_20160602190522.jpg
小屋の外に出て見ると

P5210175_convert_20160602185608.jpg
上空に青空が広がって来ました~観天望気の時間で~す(^_^)
~この雲の名前は?ウロコ雲?
~下り坂の雲か?好天に向かう雲か?
予報を信じて明日は快晴(^_-)-☆

P5210179_convert_20160602191036.jpg
越後駒ケ岳も西日を受けています

P5210180_convert_20160602191117.jpg
もう一度山頂に行ってみましょうか

P5210181_convert_20160602191149.jpg
荒沢岳、灰ノ又山

P5210185_convert_20160602191501.jpg
眼下に日向山、そしてネコブ山、下津川山、巻機山、谷川連峰も浮かび上がってきました

P5210190_convert_20160602191525.jpg
中ノ岳避難小屋と越後駒ケ岳

P5210195_convert_20160602192805.jpg
明日歩く縦走路~兎岳から丹後山の縦走路

P5210196_convert_20160602192829.jpg
ズームで~兎岳と奥に平ケ岳

P5210191_convert_20160601151725.jpg
中ノ岳山頂から360度の大展望に酔いしれます

P5210199_convert_20160602191704.jpg
刻々と変わる夕暮れ時を楽しみ
雲に浮かぶ遠方の山並みを眺め

P5210203_convert_20160602191746.jpg
八海山に沈む夕日~ダイヤモンド八海山か?と思ったら
その上は海だったようで

P5210209_convert_20160602191942.jpg
P5210210_convert_20160602192004.jpg

P5210213_convert_20160602200459.jpg
夕焼けはこれが精いっぱい

明日はどんな景色が待っているのか‥?楽しみにして
小屋に入って明日の為に早々と寝ました

<初日のコースタイム>
十字狭登山口(7:16)‥日向山・五合目(10:17)‥七合目(11:14-41)…九合目(13:00)‥山頂(13:22-29)‥中ノ岳避難小屋(13:37)

<その2に続く>
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

こんばんは。
ちょっと訪問を疎かにしている間に
たくさん登られてましたね。

このルートも良さげですね!
テント泊の装備でいかれたんですね。

2年前に荒沢から越後駒まで縦走したときに
中ノ岳にも寄りましたけど、やはり残雪の時期のほうが
素敵です。

赤いダニ、気になりますか。
僕もこれ見つけるとついじ~っと目で追ってしまいます(笑)。
地味な性分です。はい。

また次ぎの記録愉しみにしてます!

Re: NoTitle

hituzo様

中ノ岳への急登で参ってしまいましたが、稜線から見える絶景に感動しっぱなしでした
とても良い山なのに登山者が少なくて不思議です
この山塊、お隣八海山にも先月登ったばかりで、今年はこの山塊に登る機会が増えそうです

荒沢から越駒まで縦走したのですね、何泊したのでしょう?気になります
ブログを辿りましたが記事が探せませんでした

越後駒の縦走は…

こんばんは。
越後駒の縦走は紅葉を狙ったH26.9月下旬のことでした。
2泊です。銀山平から入山して荒沢から灰ノ又山を越えて
源蔵山に至る途中のコルの草原で1泊。
ここは近くに水場もあり快適です。水場にビールを沈めておけば
最高に冷え冷えですよ。

この日は登山道の刈り払いのスタッフさんが1名野営してました。
有難いことです。

ビールを一缶分けて頂いたのもいい思い出です。
二泊目はロングになりますが、駒ケ岳まで歩いて小屋で一泊。
中ノ岳の避難小屋でもよかったのですが。

ほんとは外にテント張れるのでそうしようと思ったのですが
ベテランの管理人さんの人柄にほだされて素泊まりで中に
泊まりました。6名くらいのパーティを含めて僕らを入れて10人
くらいの宿泊でした。充分寝場所を確保できました。

荒沢岳と駒ケ岳のピストンのハイカーはそれなりにいますが
縦走でスライドしたのは3組くらいです。
朝日ライナーさんが言われるように、実に素晴らしい山域なのに
殆ど人に逢いませんね(笑)。
おかげで原始の森を満喫できますけど、でも熊が怖いです。

ブログは最近再開したので、過去の山行記録はほとんどアップ
できてません。
すこしづつ過去の記録もかければなと思ってます。
なにしろ、ブログそのものの扱いが苦手なのでv-12

Re: 越後駒の縦走は…

hituzoさん
詳細な情報ありがとうございました

山を始めてやっと5年目
登りたい山が次から次と、毎回感動しっぱなしです
早く仕事を辞めて山に籠っていたいと、半分本気で思ったりもしています
表越後三山、裏越後三山の縦走早く実現したいと思います
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索