越後三山「中ノ岳から丹後山」縦走~その2

越後三山「中ノ岳から丹後山」縦走~その2

P5220287_convert_20160602212056.jpg
関越国境の縦走路

2016.5.21(土)~22(日)、晴れ、単独

<その1からの続き~二日目です>

昨夜はシュラフだけでは少し寒くて、ダウンも着込んで寝ました
やはり、この時期は3号ではなく1号が良かったか
でも、タップリ眠り快調です

P5220214_convert_20160602225606.jpg
まもなく日の出、荒沢岳の左(北側)からのようです

P5220217_convert_20160602230415.jpg
東北方向の空は雲が多いようでこんな感じでした(4:35)

P5220227_convert_20160602225831.jpg
中ノ岳に朝日が当たる(4:43)

朝食を食べて出発準備
そして小屋を出ます
朝の小屋前からの眺望はこんなに綺麗
P5220230_convert_20160602225912.jpg
八海山
奥に米山も見えます

P5220231_convert_20160602225942.jpg
越後駒ケ岳
右奥に守門岳、左肩に権現堂山

P5220232_convert_20160602230005.jpg
小屋を出発します(5:41)
今日は空気が澄んでいて遠望が訊きますので楽しみです

P5220233_convert_20160602231949.jpg
昨日から三度目の中ノ岳登頂(5:50)
絶景が広がる

P5220234_convert_20160602232009.jpg
影中ノ岳が写る日向山と阿寺山
左奥は巻機山など

P5220235_convert_20160602232039.jpg
八海山(右)と阿寺山(左)

P5220236_convert_20160602232107.jpg
中ノ岳避難小屋と越後駒ケ岳

P5220237_convert_20160602232131.jpg
山頂祠、荒沢岳(中)と灰ノ又山(右)

朝日を浴びて輝く山々を眺める至福のひととき
P5220238_convert_20160605211707.jpg
眼下に日向山、そしてネコブ・下津川山・巻機山など

P5220239_convert_20160605211917.jpg
これから歩く兎岳から丹後山などの稜線

P5220240_convert_20160605213933.jpg
眼下に銀山平、そして未丈ケ岳など

P5220241_convert_20160605214340.jpg
パノラマ1

P5220242_convert_20160605214357.jpg
パノラマ2

P5220244_convert_20160607214752.jpg
さあ、中ノ岳山頂からの絶景を十分堪能したので丹後山目指し出発します

P5220245_convert_20160605214641.jpg
次に見えるピークは兎岳
丹後山へは右に、荒沢岳へは左に進む分岐です
裏越後三山(駒、中、荒)縦走もいつかはチャレンジしたい

P5220251_convert_20160607214915.jpg
兎岳の奥には平ケ岳と尾瀬燧ケ岳が見えます

P5220252_convert_20160607215627.jpg
九合目~昨日登ってきた日向山を眼下に
稜線沿いには巻機山など

P5220260_convert_20160607215908.jpg
今日はこっちの稜線歩きです

P5220263_convert_20160607215927.jpg
左手側には荒沢岳が存在感あります

P5220267_convert_20160607220207.jpg
中ノ岳を振り返り

兎岳までは残雪が多く
残雪のトラバースや急登があり滑ったらやばそうな箇所も
アイゼンとピッケルを使えばなんてことはないのですが
出すのが面倒だったこともありツボ足で慎重に進みました

P5220278_convert_20160607220302.jpg
小兎岳から振り返ると、中ノ岳と駒ケ岳のゼブラ模様が印象的です

P5220284_convert_20160607220658.jpg
小兎岳から兎岳へ

P5220286_convert_20160607220611.jpg
兎岳山頂~バックに越後三山

兎岳山頂に着いたら二人のパーティーが休んでいましたので
グッドタイミングでシャッターを押して貰いました
私と逆コースをたどるようで、昨夜は丹後山避難小屋泊まりだったそうです
小屋はもう一人私と同じコースを辿った方と三名だったとか
こんな良い山なのに登山者がすっごく少ないですね

P5220295_convert_20160607223247.jpg
越後三山
こっちから見ると中ノ岳の方が日本百名山にふさわしいような…

P5220291_convert_20160607223225.jpg
灰ノ又山、荒沢岳方向

P5220296_convert_20160607223311.jpg
平ケ岳とそこに続く尾根~いつの日か残雪期に通ってみたい
そして左奥に尾瀬燧ケ岳、右奥に至仏山

P5220306_convert_20160607224640.jpg
一休み終え出発しましょう
次のピークは大水上山です
ここからは比較的穏やかな稜線歩きが丹後山まで続きます

そしてフラワーロードです
P5220308_convert_20160607225139.jpg
タテヤマリンドウ?

P5220309_convert_20160607225209.jpg
ミネザクラ?

P5220312_convert_20160607225238.jpg
ハクサンシャクナゲ

P5220317_convert_20160607230006.jpg
大水上山

P5220320_convert_20160607231401.jpg
三国川ダム湖が眼下に見えます

P5220324_convert_20160607230650.jpg
中ノ岳から歩いてきた稜線を振り返り

P5220330_convert_20160607230602.jpg
利根川水源碑

P5220332_convert_20160607231010.jpg
パノラマ3

P5220333_convert_20160607231044.jpg
パノラマ4

P5220334_convert_20160609185952.jpg
丹後山までもうすぐです

P5220344_convert_20160607232729.jpg
足の置き場が無いほどのお花ロードが続きます

P5220337_convert_20160607232630.jpg P5220341_convert_20160607232656.jpg

P5220346_convert_20160607232754.jpg
早春の花から初夏の花まで一斉に咲いているようです

P5220355_convert_20160607233356.jpg
丹後山
標柱が無いと何処が山頂だか分からないような平な山です

P5220363_convert_20160607233839.jpg
そして避難小屋~雰囲気イイね!

P5220365_convert_20160607233859.jpg
小屋の中はこんな感じ、綺麗です
一休みしてから下山しましょう

P5220369_convert_20160607234515.jpg
丹後山から先も、本谷山・下津川山・巻機山、そして谷川連峰へと稜線が続きますが登山道はありません

下山後の十字峡登山口での話ですが、3泊4日で巻機山へ縦走するという二人組のパーティーに出会いました
例年ならともかく、今年のこの雪の状況では完全な藪漕ぎですね

P5220374_convert_20160607235414.jpg
朝日ライナーは稜線から右に折れ

P5220377_convert_20160607235435.jpg
十字峡へ向かって下山します

P5220390_convert_20160608000012.jpg
八合目

P5220391_convert_20160608000037.jpg
シャクナゲが満開でした

P5220404_convert_20160608000107.jpg

P5220409_convert_20160608000219.jpg
中ノ岳がマッターホルンのように見える

P5220419_convert_20160608000500.jpg
ずーと中ノ岳を見ながら標高を下げます

P5220425_convert_20160608000523.jpg
イワウチワ

P5220431_convert_20160608000630.jpg
下がるにつれ見上げるようになり

P5220444_convert_20160608000744.jpg
花はツツジに変わり

P5220445_convert_20160608000805.jpg

P5220447_convert_20160608001150.jpg
何度も何度も見ても飽きない景色

P5220450_convert_20160608001222.jpg
反対側も忘れてはいません~下津川山など

P5220460_convert_20160608001512.jpg
ブナ林に入ってくると

[広告] VPS

新緑のブナ林で春蝉の鳴き声に癒されながら下って行きました

P5220471_convert_20160608001539.jpg
中ノ岳もこれで見納めかなぁ

P5220487_convert_20160608001733.jpg
無事下山
しかし、ここから十字峡まで林道歩きが待っています

P5220498_convert_20160608001901.jpg
三国川の清流が綺麗です

P5220499_convert_20160608001927.jpg
こんな滝も目を楽しませてくれました

P5220500_convert_20160608001947.jpg
林道は落石だらけ、雨の日などは要注意です
そして歩くこと約50分

P5220504_convert_20160608002112.jpg
十字峡登山センターに無事到着

<コースタイム>
中ノ岳避難小屋(5:41)‥中ノ岳山頂(5:50-55)‥兎岳(8:06-15)‥大水上山(8:43)‥丹後山(9:25ー43)‥登山口(12:31)‥十字峡登山センター(13:17)

登りも下りも飯豊と同等以上の急登でした
山頂からの絶景も最高レベル
なぜこんな良い山なのに登山者が少ないのか、不思議です
結局二日間で出会った登山者は初日が1人、二日目が4人でした

【おまけ写真】
P5220507_convert_20160608211817.jpg
この写真は‥ネコブ山へのアプローチの導水管、来年のチャレンジを心で誓います
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

魚沼山塊、いいですよね~

それにしても今年は雪が少ない。
例年だと、三国川沿いの林道の残雪が危険で、核心部となってるのですが。

八海山~中ノ岳や、荒沢岳~兎岳なんかも素晴らしいので、お勧めです。

Re: NoTitle

ほせさん
小雪で夏の水不足か心配になりますね

こんなに良い山にも関わらず、登山者が少なく絶景一人締めでした
三国川沿いの林道の落石は想像以上に多く、残雪期は核心部と言われるのも最もだと思いました

八海山から中ノ岳、荒沢岳から兎岳のルートもいつかは歩いて見たいです
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索