「ハナコ」のハに初登頂~八海山

「ハナコ」のハに初登頂~八海山

KIMG1175_convert_20160728122359.jpg

梅雨が明けたら、どっと疲れが出たのか…
休みなのに山の登ろうとの気持ちが沸いてきません
かといって、別邸はエアコンなし、汗だらだらも嫌だし( ;∀;)
本宅に帰ればエアコンあったなぁ、ということで久々にエアコン効く部屋でブログ更新

さて、今回のブログ更新ネタは過去に遡ること…なんと2か月
えっ~!そんなに更新していなかったか(^-^;

たしか、この日は私がリーダーを務める山行がある前日
翌日の天気は大丈夫だし、対してキツイ山でもないので
何処かの山へ登ろうと、別邸から近い魚沼方面で新潟百名山を一座制覇しようと出かけました
向かった先は‥‥

KIMG1132_convert_20160728124609.jpg
ロープウェイ乗り場
ここでカメラを忘れたことに気が付きスマホ撮影です(^-^;

KIMG1136_convert_20160728125444.jpg
目指す頂が見えます

2016.05.28(土)、曇り、単独
八海山(1778m)、日本二百名山・新潟百名山、南魚沼市

先週末に中ノ岳から丹後山を縦走して「ハナコ」のナに登頂
残る「ハ」の八海山に登頂すれば越後三山を制覇出来ます

KIMG1138_convert_20160728125457.jpg KIMG1137_convert_20160728160552.jpg
ロープウェイ乗り場にあった案内版
未だ残雪が少し残っているようですが
片方の案内版にある5峰の名前が釈迦岳(白河岳)と4峰と同一名がカッコ書きなのはどういう意味なのでしょうか?

KIMG1139_convert_20160728125427.jpg
始発のロープウェイに乗車し山頂駅は4合目です
ここから歩き始めました

KIMG1140_convert_20160728125532.jpg

KIMG1146_convert_20160728125559.jpg
登山道は緩やかなアップダウンであまり高度が上がらないようですが


KIMG1156_convert_20160728125703.jpg
女人堂(6合目)

KIMG1158_convert_20160728140052.jpg
綺麗な小屋です

KIMG1161_convert_20160728140117.jpg
シラネアオイ

KIMG1162_convert_20160728140135.jpg

このへんからやっと登山道が急になり
KIMG1163_convert_20160728140152.jpg
登山道脇に残雪が残っていました

KIMG1167_convert_20160728140642.jpg KIMG1168_convert_20160728140700.jpg
いよいよ岩場が現れました、長い鎖ですが斜度は大したことありません

KIMG1171_convert_20160728140720.jpg
薬師岳(8合目)

KIMG1173_convert_20160728140736.jpg
展望が開け9合目に建つ千本槍小屋と八峰の一峰「地蔵岳」が見えます

KIMG1174_convert_20160728141349.jpg
そして八峰の左には先週登った中ノ岳(右)と日本百名山の越後駒ケ岳(左)

8合目と9合目は標高差がほとんどないようです
一旦下って登り返して9合目、ここからが八海山の核心部八峰に挑みます


KIMG1188_convert_20160728144751.jpg
まずは地蔵岳
どこから登るのでしょう?

右側を巻いて進むと、巻道からの分岐を左に岩場を登り
KIMG1195_convert_20160728145421.jpg
この岩場を登って左側が地蔵岳

KIMG1200_convert_20160728144709_convert_20160728145503.jpg
地蔵岳
偶々山頂にいらした登山者「うぅ」さんに撮影していただきました

KIMG1201_convert_20160728144928.jpg
地蔵岳からの眺望~千本槍小屋と薬師岳、そして4合目(RW山頂駅)方向

KIMG1204_convert_20160728150335.jpg
二峰目の不動岳

KIMG1207_convert_20160728150837.jpg

KIMG1206_convert_20160728150649.jpg
地蔵岳方向を振り返る

KIMG1209_convert_20160728150859.jpg
次の峰は
何処をどうやって下って登るのか?

KIMG1211_convert_20160728151722.jpg
五方岳?
八峰にはこんな名前の峰は無かったような?

KIMG1212_convert_20160728151744.jpg
似たような峰が次々と現れます

KIMG1216_convert_20160728151812.jpg
ほぼ垂直やトラバース気味の岩場に付いている鎖を頼りに登ったり下ったり

KIMG1219_convert_20160728151833.jpg
先を行くうぅさん

KIMG1223_convert_20160728151953.jpg
時々振り返って

KIMG1224_convert_20160728152042.jpg
この峰は?標柱の名前が刻まれた面を撮影しませんでした、余裕が無かったのでしょう

KIMG1226_convert_20160728152148.jpg
さて、今何峰なのでしょう?分からなくなってきました(^-^;

KIMG1228_convert_20160728155531.jpg
白河岳
ここが釈迦岳(白河岳)なのでしょうか?

KIMG1230_convert_20160728155556.jpg
ここを下りると

KIMG1234_convert_20160728155648.jpg
迂回路の中間のようです

KIMG1233_convert_20160728155624.jpg
残り三峰、次の峰も垂直な岸壁が待ち構えます
梯子を登る登山者と、その上の鎖場を登っているうぅさん

KIMG1236_convert_20160728161629.jpg
摩利支岳

KIMG1235_convert_20160728161646.jpg
振り返る

KIMG1240_convert_20160728162741.jpg KIMG1241_convert_20160728162801.jpg
又々垂直な鎖と梯子を登りつめると

KIMG1245_convert_20160728162843.jpg
KIMG1246_convert_20160728162908.jpg
大日岳(10合目)です
あれっ?剣が峰は何処だったのか?

KIMG1249_convert_20160728163652.jpg
大日岳からの眺望~越後駒ケ岳

KIMG1250_convert_20160728163713.jpg
左下の雪渓

KIMG1251_convert_20160728163737.jpg
右下

KIMG1252_convert_20160728163801.jpg
これから向かう入道岳と奥には中ノ岳

KIMG1254_convert_20160728164233.jpg
シャクナゲ

KIMG1258_convert_20160728164253.jpg
八峰を振り返る

KIMG1261_convert_20160728164603.jpg KIMG1262_convert_20160728164622.jpg
入道岳
九ヶ岳との標柱もあります

KIMG1263_convert_20160728164845.jpg
先週登った中ノ岳を眺める朝日ライナー

KIMG1264_convert_20160728164917.jpg
越後駒ケ岳と中ノ岳を眺めながら至福の一杯(^O^)

KIMG1266_convert_20160728164939.jpg
阿寺山と巻機山など

KIMG1267_convert_20160728165004.jpg
中ノ岳へつながる尾根道
いつか挑戦してみたい

KIMG1269_convert_20160728195307.jpg
越後駒ケ岳(左)から中ノ岳(右)と連なる尾根、真ん中位に荒沢岳が頭だけ出ています

KIMG1279_convert_20160728195811.jpg
下山はうぅさんとご一緒
若い人はサクサクと早いです

KIMG1283_convert_20160728195839.jpg
下山はう回路を使います
ずーっと左側が切れ落ちたトラバース道
この道の方が余程怖いかも

KIMG1289_convert_20160728195910.jpg

KIMG1290_convert_20160728195945.jpg
頭上を見上げると

KIMG1291_convert_20160728200017.jpg
月の池付近に少し残雪が残っていました

KIMG1292_convert_20160728200043.jpg
月の池~三日月の形をしているのですね

KIMG1297_convert_20160728200154.jpg
トラバース道は続きます

KIMG1298_convert_20160728202827.jpg
この尾根は屏風道でしょうか?

KIMG1302_convert_20160728203028.jpg
千本槍小屋に戻ってきました
ここでホット一息
後は4合目まで下り

KIMG1309_convert_20160728203421.jpg
RWに乗る前に、4合目にある見晴らし台に上がり八峰を振り返りました

途中から頼もしい若者「うぅ」さんに出会い同行いただきました
また、何処かの山でお会いすることでしょう、ありがとうございました(^O^)

<コースタイム>
4合目(8:30)‥6合目(9:20)…8合目(10:00)…9合目(10:15)‥八峰「地蔵岳(10:27)…大日岳(11:12)」

…入道岳(11:36-12:36)‥迂回路…9合目(13:30)…4合目(15:07)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
山速報  ←山速報 【2016年07月】の更新記事一覧 →菱ケ岳と美人林  菱ケ岳と美人林
 

~ Comment ~

こんばんは
ご無沙汰してます。途中から朝日ライナーさんと一緒で楽しい山行になりました(^_^)何だか自分が載ってると照れ臭いですネf(^_^;
また何処かでお逢いできるコト楽しみにしてます。

Re: タイトルなし

うぅさん、こんばんは
ご無沙汰しています
コメントありがとうございます

うぅさんとお会いした八峰が懐かしく思い出されます
又何処かの山頂でお会いしましょう\(^o^)/
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索