日向倉山から未丈ケ岳へ~途中撤退

日向倉山から未丈ケ岳へ~途中撤退

P4010577_convert_20170407220810.jpg

2017.04.01(土)、晴れから曇り、5名
日向倉山(1430m)、未丈ケ岳(1552m)


<コースタイム>
登山口(6:48)…赤崩山付近稜線(7:32)…日向倉山(8:38-9:03)…1370P(9:54-10:10)…途中撤退…ランチ…日向倉山(12:27-12:42)…登山口(14:27)


残雪期限定の山「日向倉山」そして新潟百名山の「未丈ケ岳」
新潟百名山制覇を目標にしている朝日ライナー
未丈ケ岳は未踏なのですが、蛇が嫌いなため、マムシが多く出没する未丈ケ岳に登るには
この残雪期に日向倉山経由で未丈ケ岳に登頂するのが目標でした
三年前、初めて日向倉山に登り大感動、いつかはここから未丈ケ岳へと思いをはせていました
一昨年は残雪の状況とお天気の状況で日向倉山で諦めました
昨年は休みと天気のタイミング悪く行けず仕舞
今年は残雪の状況も多いようでタイミングを見計らっていました
この日のメンバーは5名
花火星人さん、わらさん、リーナさん、fuuさんです

銀山平に到着すると、何と魚沼の山を知り尽くしたHiさんご一行

P4010568 (640x480)
最初の登り

P4010573 (640x480)
先行するHiさングループ

頼もしい方々が先行して行きます、しかし全く着いて行けません(早すぎる)

尾根に登った処で、先行グループの一人Kiさんとしばしお話をさせて貰い我がグループの到着を待ちます
ここからの眺望は最高です
正面にドーンと荒沢岳(日本二百名山)、そして越後駒ケ岳(日本百名山)と中ノ岳(日本ニ百名山)の裏越後三山の大パノラマです

P4010580 (640x480)
荒沢岳がドーンと

P4010588 (640x480)
もう一つドーンと

P4010586 (640x480)
越後駒ケ岳と中ノ岳

ここから日向倉山までは比較的緩やかな登り
P4010579 (640x480)
日向倉山への稜線歩き

P4010582 (640x480)
左手にこれから向かう未丈ケ岳と途中の1370P

P4010591 (640x480)
「荒沢岳」を横に

P4010599 (640x480)
振り返ると「越後駒ケ岳」

P4010603 (640x480)
快適な稜線散歩

P4010604 (640x480)
先行グループは随分先です

P4010605 (640x480)
「荒沢岳」の左奥に「燧ケ岳」が見えて来ました

P4010607 (640x480)
左手には「未丈ケ岳」
果たして辿り着けるのか?

P4010606 (640x480)

P4010612 (640x481)

P4010614 (640x480)
先頭が「日向倉山」山頂に着いた模様

P4010617 (640x480)
雪庇が崩壊中
一昨年、ここは雪がすっかり落ちていて、樹林帯を通過しました

P4010621 (640x480)
急登を登ると

P4010624 (640x480)
日向倉山山頂

先行グループが休憩中でした
メンバー到着待ちの間、山頂からの景色を眺めます

P4010625 (640x480)
此れから向かう未丈ケ岳方向
右奥には毛猛山塊

P4010627 (640x480)
燧ケ岳

会津駒ケ岳や平ケ岳などはガスではっきり見えませんでした

P4010640 (640x480)
先行グループが出発しました

P4010642 (640x480)
メンバー到着

5MGP9643_xlarge (640x424)
朝日ライナーと女子メンバー

P4010645 (640x480)
花火星人さんと女子メンバー

5MGP9645_xlarge (640x424)
朝日ライナーと未丈ケ岳

5MGP9649_xlarge (640x424)
休憩後、ワカンに変えて未丈ケ岳へ向かいます

P4010661 (640x480)
先行グループが1370Pの登りレース中

P4010666 (640x480)
振り返ると我がメンバー

P4010667 (640x480)
クラック注意

P4010668 (640x480)
1370Pへの登り

5MGP9665_xlarge (640x424)
1370P山頂から未丈ケ岳をバックに

未丈ケ岳山頂部は徐々にガスに覆われてきました

P4010685 (640x480)
1370Pここから急な下り、が…(◎_◎;)
そして雪面崩壊、クラック多数、激下り
中々通過箇所が見当たらない
右は雪庇崩壊、左はガチガチノ急峻な斜面滑ったら谷底
どうもこの崩壊、つい先ほど発生したばかりような跡です

朝日ライナー、クラックで地表が出ている箇所を通過しようとしたところで転倒
ここは何事もなく済んだが、この先もクラックで雪面不安定
ここで撤退しましょう

P4010692 (480x640)
女性メンバーは早々と撤退宣言

下山後に聞いた話では、Hiさんが乗っかった際に崩壊して転倒したとのこと…恐ろしや(◎_◎;)

あのまま、無理に突っ込んでも無事に帰れるかどうか?
やはり簡単には登頂させてもらえませんでした(^-^;

5MGP9678_xlarge (640x424)
そして朝日ライナー、1370Pへ登り返す際に悲劇が
クラック踏み抜いて両足がストント落ち、その際に岩に両ひざ直撃~イタタタッー!
そこからは痛みに堪えながら歩くもスピード出ず

P4010693 (640x480)
花火星人さんも注意して

日向倉山へ引き返す途中、風の当たらない樹林帯でランチにして日向倉山へ戻ります

P4010698 (640x480)
ランチにはどんなに寒くても付き物のシュワッ

P4010716 (640x480)
アップダウンのアップが多い日向倉山までの道

P4010741 (640x480)
それでも何とか日向倉山へ戻り、そこからは殆ど下り

P4010743 (640x480)
日向倉山の柔肌の雪面

P4010744 (640x480)

P4010752 (640x480)
未丈ケ岳はガスの中

膝への衝撃を少なくなるようゆっくり目に歩きながら、無事に下山出来ました

P4010754 (640x480)

今回のメンバーで、「秋のマムシ克服ツアー」で未丈ケ岳登頂を目指す予定です
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

お久しぶりです。

越後の雪景色は、やはり素晴らしいですね。
今年は、残雪も豊富かな・・・?

僕は二月初旬に骨折してしまいまして、長かった自宅療養から、間もなく社会復帰できそうです。
早く、山に登りたいなぁ・・・

Re: NoTitle

ほせ様、こんにちは

骨折!大変でしたね
登山中のことですか?

今年の残雪の量は平年並みだと思います
当初は昨年以上の小雪でしたが、2月以降は平年並みに推移
3月も寒い日が続いたので、山の残雪は平年並みに残っているようです

未だアップしていませんが、マイナーな山、昨年のリベンジ果たせました

早く復帰出来ることを祈っています


  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索