冬の南八ヶ岳~その3「赤岳への誓い」

冬の南八ヶ岳~その3「赤岳への誓い」

DSC00955_convert_20140301060609.jpg
南八ヶ岳最高!!

【二日目】
早々と就寝した二人ですが、朝もゆったりとします
他の宿泊者は、ヘルメットにハーネス装備者が目立ちます
赤岳や、赤岳から横岳硫黄岳の周回者でしょうか?
我々は、行者小屋経由で南沢を下山することにしました

<コースタイム>
赤岳鉱泉(8:00)‥中山展望台(8:42-55)‥行者小屋(9:03-27)‥南沢‥赤岳山荘(11:00)=美濃戸口=もみの湯(温泉入浴、ランチ)=帰路


020_convert_20140301060056.jpg
ヘルメットにハーネス装着率が5割以上?、皆さん赤岳を目指すのでしょうか?

DSC00921_convert_20140301053949.jpg
アイスキャンデイーも準備をしている人が居ます

我々は、今日は行者小屋を周回して南沢を下山することにして、ゆっくり出発します

DSC00938_convert_20140301055320.jpgDSC00939_convert_20140301055255.jpg
横岳の稜線を左手に仰ぎ見ながら
樹林帯を登って行きます

DSC00944_convert_20140301060820.jpg
中山乗越から見る、昨日登った硫黄岳と赤岩の頭

DSC00957_convert_20140301062605.jpg
中山展望台からの眺望
~八ヶ岳の主峰「赤岳」(左)、中岳(中)、阿弥陀岳(右)

DSC00963_convert_20140301061819.jpgDSC00965_convert_20140301061846.jpg
地蔵の頭にある赤岳展望荘が見えます
そして、大同心と小同心

DSC00968_convert_20140301063138.jpgDSC00960_convert_20140301063225.jpg
阿弥陀岳の右遠くには中央アルプスの山並み、そして木曽御嶽山

DSC00970_convert_20140301063837.jpg
眼下には行者小屋
中山展望台からの眺望を楽しんで、これから行者小屋へ向かいます

DSC00978_convert_20140301064448.jpgDSC00979_convert_20140301064519.jpg
行者小屋も雪に埋まっています
そして屋根の上、ちょうど谷間の奥遠くに見えるのは、北アルプス「槍穂高連峰」

DSC00996_convert_20140301065359.jpgDSC00997_convert_20140301065505.jpg
行者小屋からの眺め

行者小屋は、冬期間は土曜日の素泊まり限定営業です
~赤岳鉱泉で食べれなかったステーキを担いで行者小屋で宿泊しようか?

DSC00999_convert_20140301070905.jpg
そして、次回の赤岳に挑戦を誓い、行者小屋から南沢を下山します

DSC01002_convert_20140301071501.jpgDSC01005_convert_20140301150604.jpg
時々振り返ったり

DSC01001_convert_20140301071439.jpgDSC01004_convert_20140301150726.jpg
動物の足跡を眺めたり

DSC01016_convert_20140301151613.jpgDSC01024_convert_20140301151820.jpg
南沢は変化に飛んだコースです
そして、北沢との分岐「美濃戸山荘」まで来ました
ゴールの赤岳山荘Pはすぐそこです

DSC01029_convert_20140301153019.jpg
赤岳鉱泉の雪上車

DSC01041_convert_20140301153659.jpg
美濃戸口までは楽々四駆で下り

帰りは「もみの湯」で汗を流し、腹ごしらえをして帰ります

快晴の二日間、南八ヶ岳の雪山を堪能しました(ヤバかったことも)
雪山登山、少しはステップアップできたかな?
次は主峰「赤岳」への挑戦が待っている!
でも、赤岳に挑戦するには、もっとスキルアップしないとダメですね(^_^;)

パート3までお付き合いいただき、ありがとうございました

<参考>
硫黄岳には、10本以上のアイゼンとピッケルが必携、ワカンは不要
赤沢鉱泉・行者小屋と中山展望台までの北沢・南沢コースのトレッキングは、
ツボ足で可能ですが、軽アイゼン(又はチェーンスパイク)がお奨めです




スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

いやぁ、読み応えのあるレポでございました。
おもしろかった。

赤岳への誓い、私も混ぜてください。

Re: NoTitle

わら様

パート3まで、ずいぶんお待たせしてしまいました(^_^;)

雪山は麻薬のようなもの(麻薬を吸ったことはないですが)
どんどん、雪山にのめり込んでいきそうです
いや、すっかりのめり込んでいます

赤岳が目の前に聳えていて、すぐ来週にでも登ろうと相談していたのですが
下山後、次週からの週末の予定など冷静に確認すると
すぐに登るのは無理だと、現実に戻ってしまったのです

挑戦する時はご一緒しましょうね(^O^)

お疲れ様でした。

今後は朝日ライナーさん・・・ですね。お早うございます。

雪山2日間お疲れ様でした。冬の硫黄岳頂上はこんな感じなんですね~。
やはり、八ヶ岳あたりは日本海側と比べて積雪が少ないんですね~。青レンジャーも冬の八ヶ岳に行ってみたい~。しかし、冬の高速道路が心配です。。。

すっきりくっきり色々なお山が見えるのは最高ですねっ。次はどのお山に行かれるんでしょうか。楽しみです。
  • #146 山ガールの青レンジャー 
  • URL 
  • 2014.03/08 08:50 
  •  ▲EntryTop 

Re: お疲れ様でした。

青レンジャー様
コメントありがとう(*^_^*)
冬山の白い輝き、遠くまで透き通った眺望
最高ですよね
青レンジャーさんも、冬の八ヶ岳に行かれて見て下さい、きっと感動しますよ!(^^)!
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索