倉手山~しゃくなげロードと残雪の飯豊

倉手山~しゃくなげロードと残雪の飯豊

DSC02376_convert_20140504214419.jpg
大迫力~残雪の飯豊

2014.05.04(日)、晴れ、3名
倉手山(@952.5m)、山形県

GW後半の山、第一戦
今日は県境を越え、山形県小国町へ
山友を誘って飯豊眺望の倉手山に登ります
このお山、昨年の同じ日に山友わらさんと登っています
その時の記事がこちら、あの時の感動が倍になって甦る山行でした(^O^)

DSC02296_convert_20140504215344.jpg
飯豊梅花皮荘(いいでかいらぎそう)から見る残雪の飯豊
梅花皮荘前Pスタート(8:10)

裏手にある吊り橋を渡り、道路をしばらく歩きます

DSC02301_convert_20140504222647.jpg
倉手山登山口(8:30)
最初から急登です「時間もタップリあるし、ゆっくり登りましょう」
と、言わなくても自然と足がゆっくりになります

そう、
DSC02339_convert_20140506205130.jpgDSC02319_convert_20140505163449.jpg
DSC02307_convert_20140505163313.jpgDSC02310_convert_20140505163551.jpg
しゃくなげが、タムシバが
ツツジが、ツバキが‥

DSC02446_convert_20140506204011.jpgDSC02315_convert_20140505172422.jpgDSC02440_convert_20140506204247.jpg
しゃくなげ三変化

DSC02321_convert_20140505164619.jpg
山頂は、まだまだ先です

DSC02323_convert_20140505165020.jpg
残雪に新緑の芽吹き

DSC02333_convert_20140505165347.jpg
振り返ると~朳差岳(二百名山)など飯豊連峰の最北部の峰々

DSC02334_convert_20140505172003.jpg
稜線まで登ってきました~ここからやせ尾根を進み、そのあと急登が待っています

DSC02342_convert_20140505174032.jpg
DSC02346_convert_20140505173823.jpg
しゃくなげロード

DSC02353_convert_20140505174342.jpgDSC02358_convert_20140505174429.jpg
残雪の急登です

DSC02362_convert_20140505175108.jpg
山頂までもう一登り

DSC02369_convert_20140505175427.jpg
山頂の雪面から飯豊がせり上がってきます~思わず万歳!(11:05)

DSC02384_convert_20140505180423.jpg
飯豊をバックに

DSC02381_convert_20140505180824.jpg
飯豊連峰パノラマ

DSC02396_convert_20140505181312.jpgDSC02388_convert_20140505181522.jpg
飯豊の絶景をおかずにランチです

DSC02392_convert_20140505181938.jpg
ダイグラ尾根と飯豊本山

DSC02391_convert_20140505182101.jpg
北股岳(右)、梅花皮岳(左)、鞍部に梅花皮小屋、その下が「石転び沢」雪渓
手前に梶川尾根

DSC02394_convert_20140505182612.jpg
丸森尾根と地神山

DSC02400_convert_20140505183437.jpg
エブリ差岳(右)と鉾立峰(左)
雪形が面白いですね~皆さん創造してみましょう

DSC02408_convert_20140505184006.jpg
ずーとここで山を眺めていたいね、後ろ髪を引かれる思いで下山です(12:35)
下山時は遠く朝日連峰の山並みを眺めながら

DSC02414_convert_20140505212348.jpgDSC02429_convert_20140505212408.jpg
下山時も花を楽しみながら

DSC02426_convert_20140505213745.jpg

DSC02423_convert_20140505213611.jpgDSC02420_convert_20140505213550.jpg
しゃくなげロードを下ります

DSC02454_convert_20140506211055.jpgDSC02458_convert_20140506211027.jpg
無事下山、そしてこの時期の楽しみといえば「山菜取り」
吊り橋を渡れば温泉が待っていました(14:56)

DSC02386_convert_20140506205922.jpg
朝日ライナーは来月あそこを登るぞ!!





スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

白いシャクナゲがっ!

朝日ライナーさん、こんにちわ。

飯豊連峰が目の前に見えるお山なんて~!!!飯豊連峰が山奥の中の山なので、この倉手山もかなり奥深いお山なんでしょうね~。

それにしてもシャクナゲすごい!!!白いシャクナゲまである~!!!登山者もかなり少なそうですが、もしや朝日ライナーさん達の貸切ですか?何とも贅沢なお山ですね。

近くの朳差山は青レンジャー、興味あります。高山植物が咲くんですよね~。いいな~。

で、帰りの温泉は泡ノ湯でしょうか?

  • #186 山ガールの青レンジャー 
  • URL 
  • 2014.05/07 12:34 
  •  ▲EntryTop 

NoTitle

やっぱり、ここの眺めはサイコーだし、意欲がわきますよね。

私も、最後の写真にむかって同じ事叫ばせていただきました。

Re: 白いシャクナゲがっ!

青レンジャー様
コメントありがとう\(^o^)/

泡の湯をご存じとは、かなりの温泉マニアと見た(笑)
下山後の温泉入浴は飯豊梅花皮荘です
飯豊梅花皮荘は飯豊温泉の一つで、湯船から飯豊山が眺められるのですよ
そこから奥に入ると天狗平登山口で飯豊連峰の北股岳等への入口です

倉手山は、目の前に飯豊連峰が聳え立って見える眺望の山として
地元山形県や新潟県の登山者には人気のお山です

石楠花の山としても人気なようです~昨年登った時は覚えがないのですが(^_^;)
今回ご一緒した山友が知っていました

この日は仙台から来られた方や、私の所属する山の会の方にも山頂でお会いするなど
結構多くの方が登っていました

杁差岳付近は、6月はハクサンイチゲ、7月はヒメサユリなどが咲き乱れます
宿泊は避難小屋ですので、シュラフと食糧持参です~これも楽しいですが
すっごくキツイ登りです~飯豊連峰はどこもそうですが
青レンジャーさんなら十分登れると思いますよ






Re: NoTitle

わら様
コメントありがとう\(^o^)/

いやぁ、素晴らしい眺望でしたよ
飯豊連峰の杁差岳から本山まで目の前に聳え
来月挑戦予定の石転び沢雪渓や梅花皮小屋も見えたし
オマケは石楠花と贅沢な登山でした


  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索