飯豊・石転び沢雪渓~その1

飯豊・石転び沢雪渓~その1

DSC05025_convert_20140728230526.jpg
出会い

2014.07.26(土)、晴れ、単独

今週末は復帰第一弾
候補は二つ、どちらも一泊で登るはずだったが‥‥
日曜日の天気予報により急きょ日帰りに変更
日帰りとなれば自宅から近いお山に向かいます

DSC04917_convert_20140727213122.jpgDSC04916_convert_20140727115242.jpg
天狗平登山口Pに到着
お天気最高、山の神に祈願して登山口に向かいます

ここ天狗平から飯豊連峰への登山道は4コースあります
丸森尾根コース、梶川尾根コース、ダイグラ尾根コース
そして今日目指す「石転び沢(雪渓)コース」です

DSC04918_convert_20140727211742.jpg
登山届を提出して
この橋を渡るところがスタートです(5:30)

DSC04944_convert_20140727212229.jpgDSC04940_convert_20140727214547.jpg
ブナ・ナラなどに囲まれた林道をしばらく進むと

DSC04950_convert_20140727214844.jpg
温身平です(5:52)
飯豊の稜線が見えます~あの山のてっぺんに立てるのか?ワクワク
ダイグラ尾根コースとここで分かれます

DSC04966_convert_20140727120444.jpg
砂防ダムです(6:00-11)
林道歩きもここまで、ここで一休みします
装備確認~メットよし!、ピッケルよし!、アイゼンよし!

DSC04967_convert_20140728211615.jpg
この階段を登り登山道に入ります
石転び沢出会いまで3.2km

DSC04980_convert_20140728213427.jpgDSC04981_convert_20140728213502.jpg
最初は沢沿いに、ゆるやかな緑のトンネルのような道、紫陽花が沢山咲いていて綺麗です

DSC04983_convert_20140728214105.jpgDSC04984_convert_20140728214133.jpg
時折前が開け、目指す稜線が見えるが‥\(^o^)/

DSC04985_convert_20140728214707.jpgDSC04991_convert_20140728214727.jpg
登山道は、へつり

DSC05000_convert_20140728215541.jpgDSC05004_convert_20140728215613.jpg
高巻きなど
次第にきつくなっていきます

DSC05005_convert_20140728215954.jpg
高巻きを下ると渡渉地点
チョット緊張しましたが無事渡り

DSC05008_convert_20140728220806.jpgDSC05011_convert_20140727115306.jpg
渡った河原で一休み(7:30-38)
ここで地図を開いて、これからのコースを確認しようとすると‥‥アレレ(@_@;) 
何という間違い、これ朝日連峰ではないかぁ~\(◎o◎)/!

まぁ、なんとかなるさ‥と先に進みます

DSC05015_convert_20140728222405.jpg
周りが開け、門内岳の稜線も見えてきました

そして
DSC05020_convert_20140728224130.jpg
石転び沢が見えた~!!

DSC05022_convert_20140728224544.jpg
石転び沢出会い(8:02)

真っ直ぐは門内沢、左が石転び沢です
雪渓の取り付きで一休み
汗がスーッと引き、心地よい涼しさです

DSC05024_convert_20140728230817.jpg
門内沢~稜線右端に門内小屋が見えます

DSC05023_convert_20140728224622.jpg
石転び沢~雪渓の上部稜線には梅花皮小屋が見えます

さあー、ここからが本番です!

<次回に続く>




スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

しかし、まー・・・
ブランク明けで石転びとは・・・(*_*;
平均斜度45度以上と聞いてますが? 関係ないかW

私、挑戦の予定は・・・(^^ゞ
お手並み拝見で、次回期待です

Re: NoTitle

> 小三歩様

是非お連れしたい
白馬大雪渓と比べられない
快感を体感出来ますよ!(^^)!

しかし、まー・・・


初石転びで単独とは・・・Σ(゚д゚lll)

誘ってくだされば、・・・くださっても行かなかったか(^^ゞ

くれぐれも気をつけてくださいね。過信は禁物ですよ。

来年はご一緒します。鍛えなきゃ。


NoTitle

朝日ライナーさん、こんにちわ。

北陸地方はなかなか梅雨明けしませんでしたが、甲信越地方は7月22日に梅雨明けしたんですよね?でも、週末はお天気に恵まれず、残念でしたね。1泊のお山か・・・どちらを狙っていらっしゃったんでしょうか?

飯豊連峰と朝日連峰・・・似ています。間違えそうですね。。。青レンジャーも気を付けます。

天狗平は飯豊山荘のある山形県側からの登山口なんですね。ダイグラ尾根は飯豊本山直行のルートみたいですが、橋が破損しているため渡渉要ですか・・・なるほど、勉強になります。そして、まさか飯豊連峰って日帰りできるんだ。。。

石転び沢は遅くまで雪渓の残る地点なんですね~。白馬大雪渓も真っ青の急坂か。。。本当にリハビリ明けでしょうか???

雪も多いので、お花が楽しみです。
  • #260 山ガールの青レンジャー 
  • URL 
  • 2014.07/30 11:00 
  •  ▲EntryTop 

Re: しかし、まー・・・

わら様

行って見なければ、どんなお山かどんなコースかわかりませんからね
自分の目と体で感じて行動しています

今回は、お天気に恵まれたのが一番です
初めてでガスっていたら迷いそうなコースですね

来年はご一緒によろしく
その前に今年はダイグラ尾根に行きませんか?


Re: NoTitle

青レンジャー様

石転び沢コースとダイグラ尾根コースは、一般コースではありませんので、参考にしないでくださいね
石転び沢は12本アイゼンとピッケル必携
ダイグラ尾根は、アップダウンとロングコースの体力と精神力が半端なく必要です

百名山の飯豊本山狙いなら、現在は大日杉登山口からが一番楽なコースでしょう
新潟県からは、弥平四郎登山口が比較的アクセスが良いです
本来は川入登山口がメジャーコースなのですが、一昨年の豪雨の影響で車で登山口まで入れないのですよ
ご参考に

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索