以東岳その先へ~その3

以東岳その先へ~その3

DSC06131_convert_20140819172848.jpg
朝陽を浴びる以東岳

~名湯「狐穴小屋」は安らぎのお宿~
以東岳その先に~その2>からの続きです
2014.08.02(土)~03(日)、晴れ、単独

DSC05992_convert_20140819174016.jpg
お宿に着くとすぐ目に飛び込んだのはこれ


小屋脇まで引かれている湧水によって、キンキンに冷やされている
ビール@800、ジュース@300、きゅーり・とまと@200
あー、早く喉を潤したい‥

ちょっと我慢し、タオル片手に向かった先は
DSC06000_convert_20140819180423.jpgDSC06001_convert_20140819180447.jpg
名湯「狐穴風呂(コン・ヨク)」で汗を流します

DSC05995_convert_20140819182633.jpgDSC06049_convert_20140819182714.jpg
小屋周辺に咲く「チングルマ」

DSC06005_convert_20140819183142.jpg
狐穴小屋と以東岳

DSC06051_convert_20140819183936.jpg
狐穴小屋と月山
月山の雲もすっかり切れ全容が現れました

DSC06065_convert_20140819184415.jpg
月山の左遠くに雲の上に浮かんで見えるのは?

DSC06062_convert_20140819185122.jpg
鳥海山

DSC06066_convert_20140819185215.jpg
月山の右手には「葉山」

DSC06069_convert_20140819185722.jpgDSC06071_convert_20140819185746.jpg
夕陽が山肌を赤く染め

DSC06085_convert_20140819185938.jpg
太陽が日本海に沈み

他の山小屋より登山口から遠い場所に建っているが故、比較的空いているというこの狐穴小屋
管理人に小屋の名前の由来を尋ねると
「他の山小屋は山の名前を付けているが、ここには山の名があるピークがない。
マタギがここに小屋を建てた時、この周辺には狐の巣があったので狐穴小屋と名付けたそうです」

また、私が興味ある新潟県村上市からの登山道の状況を尋ねると
「ここの管理人が村上市からの依頼を受け、2年に一度下刈りしているそうです。
昨年実施したので今年はないそうです」
うーん、村上市からのコースを登ってみたいのですが、単独だと難しいでしょうか?
熊も多いそうですし‥
色々な朝日連峰のお話をお聞きしながら夜になりました

DSC06080_convert_20140819185835.jpg
小屋の上には月が輝き

DSC06093_convert_20140819190014.jpg
以東岳のシルエットを眺め
明日も山日和になりそうです、おやすみなさい


一夜明けて‥二日目「2014.08.03(日)」、今日は朝から快晴です
DSC06096_convert_20140819203008.jpgDSC06095_convert_20140819202952.jpg
鳥海山と月山もくっきり

DSC06110_convert_20140819210417.jpg
蔵王連峰

DSC06106_convert_20140819204806.jpg
蔵王連峰と葉山の間からご来光

DSC06116_convert_20140819210149.jpg
朝陽に映える狐穴小屋と朳差岳

DSC06122_convert_20140819211146.jpgDSC06133_convert_20140819211400.jpg
ハクサンイチゲも光輝き、小屋周辺の草原も赤く染まる

DSC06150_convert_20140819211954.jpg
人柄の良い管理人と居心地が良い狐穴小屋に、下山するのが心惜しい
大半の宿泊者は大朝日岳への縦走です
秋に又来るからね、と誓い下山します

以東岳その先へ~その4>へ続く
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索