以東岳その先へ~その4(完)

以東岳その先へ~その4(完)

DSC06208_convert_20140822234551.jpg
以東岳と池塘

2014.08.02(土)~03(日)
<二日目>狐穴小屋⇒泡滝ダム下山

DSC06151_convert_20140822235711.jpgDSC06153_convert_20140822235339.jpg
狐穴小屋(5:35)
小屋番さんから見送って貰い出発します ~ 紅葉時期に又来るよ ~

DSC06155_convert_20140823055603.jpg
下山には、まず以東岳までの稜線を進み山頂を越えなければなりません

DSC06159_convert_20140823001230.jpgDSC06156_convert_20140823000331.jpgDSC06158_convert_20140823000356.jpg
昨日は雲で見えなかった朝日連峰周辺の山などが見えます
鷲ケ巣山~村上市と日本海~新保岳

DSC06191_convert_20140823060439.jpg
お世話になった狐穴小屋もずいぶん遠くになりました
中千峰(6:20)通過

DSC06195_convert_20140823060727.jpg
早朝は涼しく快適な稜線歩き

DSC06199_convert_20140823061039.jpg
飯豊連峰が見えました
一番左が飯豊本山、中央左よりに大日岳、中央右寄りに石転び沢雪渓も確認出来ます

DSC06226_convert_20140823063511.jpg
DSC06227_convert_20140823070559.jpgDSC06240_convert_20140823070358.jpg
朝陽を浴びる花々を楽しみながら

DSC06243_convert_20140823070740.jpg
アルプスとは違う優しさ漂う稜線歩き

DSC06259_convert_20140823072209.jpg
後ろを振り返ると

DSC06264_convert_20140823071834.jpg
パッチワークのような緑の絨毯

DSC06268_convert_20140823072709.jpgDSC06272_convert_20140823072737.jpgDSC06277_convert_20140823072806.jpg
DSC06294_convert_20140823074125.jpgDSC06298_convert_20140823074156.jpgDSC06306_convert_20140823074407.jpg
花々がイキイキと咲いています

DSC06326_convert_20140823075927.jpg
DSC06322_convert_20140823080107.jpg
一面お花畑

以東岳山頂に向かって登っていき、振り返ると
DSC06341_convert_20140823081428.jpg
大朝日岳へ続く稜線と周辺の山々

DSC06343_convert_20140823080545.jpg
今日もクッキリ大朝日岳が見えてきます

DSC06340_convert_20140823081808.jpg
DSC06339_convert_20140823080313.jpg
飯豊連峰も全容が見えます

DSC06352_convert_20140823082531.jpg
以東岳山頂へもう一登り

DSC06365_convert_20140823083027.jpg
以東岳山頂(8:07)

DSC06366_convert_20140823083406.jpg
DSC06367_convert_20140823083427.jpg
大鳥池~熊の毛皮に今日も会えました

DSC06384_convert_20140823083909.jpg
以東小屋、日本海と粟島も見えます

帰りは直登コースを下山しようと思います
DSC06395_convert_20140823084906.jpg
以東小屋

DSC06407_convert_20140823084931.jpgDSC06398_convert_20140823085013.jpg

DSC06419_convert_20140823085620.jpg
大鳥池を目指し急な坂を転げ下ります

DSC06445_convert_20140823085926.jpg
昨日登ったオツボ峰と奥には月山を右手に見ながら

DSC06467_convert_20140823090206.jpg
樹林帯は登山道が相当荒れています
長々と続く下り、中々大鳥池まで着きません

DSC06481_convert_20140823091129.jpgDSC06482_convert_20140823091029.jpg
大鳥池の湖畔道を歩き
この湖畔沿いがまたへつって歩き難い、もうこの道は通りたくない(^_^;)

DSC06489_convert_20140823092034.jpgDSC06488_convert_20140823092057.jpg
やっと大鳥小屋に着きました(10:53-11:33)
ここで大休憩(ランチ)してから下山します

DSC06503_convert_20140823092823.jpgDSC06513_convert_20140823092847.jpg
無事下山(13:47)

DSC06375_convert_20140823093207.jpg
さあ、次はあの頂へ(完)


スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

素晴らしい山行でしたね。

やはり山は天気次第と思ってしましました。
晴れ男っぷり、回復したんじゃないですか?(^^♪

大朝日岳

こうしてみると、やっぱり山は快晴の日に限りますね(#^.^#)
苦労が報われない山はちょっと切な過ぎます

朝日ライナーさんは大朝日岳、どちらから登られますか?
軟弱小三歩、先ずは「古寺鉱泉」あたりから目指そうかと・・・

なんとか背中を追いかけています(^^ゞ

Re: NoTitle

わら様

本当に山は天気次第ですね
次週登ったアルプスでは
ガスの中の稜線歩きで、何にも感動がありませんでしたから
晴れ男返上です(^_^.)

Re: 大朝日岳

小三歩様

ほんと山は晴れてこそと思いました
ただ、達成感や山の楽しみはピークハントだけでもないと感じています
朝日連峰の山小屋でノンビリと過ごしてみたいと思うこの頃です

大朝日岳へは、登山口から一番短時間で登頂出来るのは朝日鉱泉からですが
昨年の大雨被害の影響で、今でも一般車通行止めになっていますね
新潟からのアクセスの近さから言えば小国町の五味沢ですがロングコースですし
自家用車で今一番手頃なのが古寺鉱泉でしょうね


  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索