夏はやっぱりアルプスへ~北岳その1

夏はやっぱりアルプスへ~北岳その1

DSC06569_convert_20140823220330.jpg
ナンバー2とナンバー1

2014.08.16(土)~18(月)、単独
南アルプス「北岳(@3193m)、間ノ岳(@3190m)」

<一日目>16(土)、ガス
今回の南下コース計画は2泊3日+予備日1日です
出発までの案は
北沢峠=野呂川出会‥両㑨小屋(泊)‥三峰岳‥間ノ岳‥北岳山荘(泊)…北岳‥広河原=北沢峠

 野呂川出会いに向かうため、南アルプスの長野県側玄関「仙流荘」から北沢峠経由を予定していたが、松本あたりから大雨。どうも予報が悪い方に変わったようなので、当初計画は白紙にして、山梨側の方が天候が良さそうということで、芦安から広河原へ入り北岳・間ノ岳のピストンに変更しようと急きょ進路変更し芦安に向かった。
 早朝、芦安Pに到着したら駐車場の案内人に「何処へ行くのですか?」と聞かれ「広河原です」と答えたところ、「現在道路崩壊によりここからは広河原には行けない、奈良田からしか入れないとのこと。

えーっ、不覚。下調べが不足でした(^_^;)
しかたがない、気を取り直して奈良田に向かいます。

それでも奈良田に6時30分頃到着、支度に手間取り7時のバスには間に合わず。殆ど寝ていないので次のバス(9時)までゆっくり支度をします。
支度を終え、そろそろとバス乗り場に向かうと、ジャンボタクシーが出るということで、バスとほとんど変わらない料金でバスよりも早く広河原へ入れました。

001_convert_20140826210023.jpg
広河原~インフォメーションで登山届を提出します
(一日目)広河原‥白根御池小屋又は北岳肩ノ小屋(泊)
(二日目)小屋‥北岳‥間の岳の稜線歩き‥北岳山荘(泊)
(三日目)下山又は山小屋停滞
(四日目)予備日
というノンビリした計画をしました
キーワードは3-2-1

ガスのため、カメラはコンデジで撮ります
004_convert_20140826210040.jpg
ここ広河原の標高は1520m、北岳山頂(3193m)までの標高差1673m
今日は行ける所の小屋(白根御池小屋又は北岳肩ノ小屋)が終点と考えています
ということで登山開始です(9:34)

008_convert_20140829183849.jpg011_convert_20140829183902.jpg
吊り橋を渡ったところに広河原山荘があります
登山道はその脇を進んで行きます

019_convert_20140829184104.jpg
樹林帯の急登を喘ぎながら登って行き
緩やかなトラバース気味の道になると、白根御池小屋がもうすぐです

023_convert_20140829184836.jpg
白根御池小屋に到着しました(11:50-12:15)

ここでランチとして、この先どうするか考えます
時間は早いが、なにせ殆ど寝ずに登っているのでペースが上がらない
コースタイムを確認すると肩の小屋まで3時間
のんびり登っても16時前には小屋に到着できるようなので
肩の小屋を今日の終点と決めました

028_convert_20140829190447.jpg
ここの標高は2230m、少々霧雨が降ってきたので雨具を着て出発です

030_convert_20140829191510.jpg032_convert_20140829190503.jpg
草スベリという名のコースを登ります

048_convert_20140829193022.jpg
ガスで周りの景色は見えず、なおかつ急登ですが周りのお花畑が救いです

056_convert_20140829201018.jpg
右俣コースとの合流点までくれば稜線までもう一登りです

072_convert_20140829200917.jpg
小太郎尾根分岐
ここから稜線歩きですが、相変わらずガスガス

078_convert_20140829201747.jpg
岩場もあったようですがあまり覚えていません

093_convert_20140829202137.jpg
北岳肩の小屋に着きました(15:13)
ほぼコースタイムどおり、今日の体調からすればこんなものでしょう

さっそく宿泊受付
DSC06629_convert_20140829202947.jpg
割り振られたのは別棟、寝具はシュラフと毛布でした
濡れた雨具などを干して、部屋でしばらくウトウトします

16時過ぎ、何か外が明るくなった兆し、部屋を出てみると

DSC06517_convert_20140829203845.jpg
おー!、晴れている!!

カメラをミラーレスに変えて、急ぎ小屋の外に飛び出します

DSC06519_convert_20140829204725.jpg
DSC06555_convert_20140829214740.jpg
谷越しに迫る山々、これは鳳凰三山か~!

DSC06557_convert_20140829205259.jpg
これは甲斐駒ケ岳か~!

DSC06558_convert_20140829205609.jpg
甲斐駒ケ岳をズーム~かっこ良い山です

DSC06535_convert_20140829211743.jpg
甲斐駒ケ岳の右奥には八ヶ岳

DSC06559_convert_20140829205910.jpg
皆さん絶景を目の前にして嬉しそうです
朝日ライナーも気持ちが高ぶっています
写真撮りまくりです

DSC06527_convert_20140829210445.jpg
こっち側のお山は?

DSC06521_convert_20140829210653.jpg
女王「仙丈ケ岳」
右奥には北アルプスが見えます(槍も発見)

DSC06528_convert_20140829212031.jpg
仙丈ケ岳の左奥には中央アルプス

DSC06554_convert_20140829212548.jpg
ナンバー2~北岳

DSC06544_convert_20140829212755.jpg
DSC06579_convert_20140829213633.jpg
ナンバー1~富士山

DSC06575_convert_20140829214123.jpg


DSC06584_convert_20140829213525.jpg
南アルプス3000mからの中継でした

<二日目に続く>
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

わぁ~~いヽ(^o^)丿 南アルプスだ。

いいですね~~。

青空の写真が眩しすぎます。

景色もすごいけど、
急なルート変更にちゃちゃっと対応できる朝日ライナーさんに羨望の眼差しを送ります。


続きが楽しみだぁ。

Re: NoTitle

わら様
南アルプスですよ~
つかの間の青空に疲れもぶっ飛んだ夕刻の絶景でした

NoTitle

朝日ライナーさん、お早うございます。

夏のアルプスは南でしたか~。北岳~間ノ岳のコースは青レンジャーも行ってみたいコースの1つです~。お花も多いと聞くのでお花のお写真が楽しみです~。

今年の夏は本当にお天気が悪くて、思うようにお山に行けませんね・・・あ、朝日ライナーさんけっこうな数のお山に行かれていますね。。。羨ましいです。

1日目は頑張って登ったかいがあるくらい、最後にご褒美が待っていましたね。晴れると、小屋からは有名なお山ばかり見えるんですね~。興奮するわ~。

  • #294 山ガールの青レンジャー 
  • URL 
  • 2014.08/31 09:46 
  •  ▲EntryTop 

Re: NoTitle

青レンジャー様、こんにちは。

本当に今年の夏はお天気に恵まれませんね。

初の南アルプス、北岳~間ノ岳の稜線歩きはガスガスでしたので
必ずリベンジしたいお山です。

一日目に雨の中登ってきたご褒美は本当に嬉しかったですよ(^O^)

NoTitle

朝日ライナーさん、こんばんは。

北岳と間ノ岳に行かれたのですか!
天気が良くなって、良かったですね。

北岳には登った事はあるのですが、間ノ岳には行かなかったので、続きが楽しみです。

3000mの稜線

来年は是非とも行きたいコースのNO1.2.3!
因みに他の2つは
その1 八ヶ岳、赤岳コース
その2 雲の平からの裏銀座(去年の朝日ライナーさんの周ったとこ)

いずれにしても、相方次第、天候次第、日程次第で気長に時期を待ちます
なにぶんコストがかかります故・・・(^^ゞ

朝日ライナーさん!
アップの順番厳守でお願いします(^^ゞ

Re: NoTitle

たまねぎ様
お久しぶりです

初南アルプスは遠かったです
ちょっとしたご褒美はありましたが
メーンディッシュの北岳~間の岳の稜線散歩はガスガスでした(涙)
再チャレンジのお山筆頭です

Re: 3000mの稜線

小三歩様

お山に登るのも、ブログのアップも、気分しだいの朝日ライナーです(^_^;)

私の123は
紅葉の朝日連峰、双六から槍、冬の赤岳です
再チャレは今回の北岳~間の岳の稜線歩きが筆頭でしょうか

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索